「SDガンダム」を作ってみよう~塗装編~ 全塗装で仕上げよう!#3

モデラー

  • 柚P

 

こんにちは、柚Pです。

この記事ではSDガンダムEXスタンダードのライジングフリーダムを題材にして、

  • 全塗装
  • マスキング
  • スミ入れ
  • リタッチ

といった塗装方法について詳しく紹介していきます!

▼ EXスタンダードライジングフリーダム全記事まとめ「SDガンダム」を作ってみよう!EXスタンダード ライジングフリーダム ▼ 前回の記事「SDガンダム」を作ってみよう~工作編~ 肉抜き穴埋め、シャープ化、モールド彫り直し #2

サーフェイサーで下地塗装

パーツ表面をヤスリで削ったり、パテやプラ板を使って追加加工したパーツには「サーフェイサー」という下地塗料を塗装してやりましょう。

このサーフェイサーには

  • 傷や形状の確認がしやすくなる
  • 細かい傷を埋める
  • 塗料の定着を良くする
  • パーツの色味を統一する

といった効果があります。

塗装後には傷の確認がしやすくなるため、この時点で大きな傷が見つかれば、細かいヤスリで磨いて消しておきましょう。

塗料と用意しよう

今回はラッカー塗料をメインで使用しながら全塗装を進めていきます。

色については劇中のイメージを優先して調色してみました。

塗装前に使用する色を作っておけば、塗ったあとになって「なんだかイメージと違った。」というトラブルを減らすことができます。

マスキングテープを使って塗り分け

私は緑色のマスキングテープを使用していますが、模型用販売されているマスキングテープならどれでも使えます。

SDガンダムシリーズでは、マスキング作業が鬼門となります。気合と根性で乗り切りましょう。

あまりにも細かい塗り分けに対しては「筆塗り」で対応してもいいですね。

大まかな塗り分けが完了しました。

小さなパーツ1つに、2~3色も色を塗らないといけないのでかなり大変でした・・・。

まだ残っている塗分箇所は、このあと筆塗りで対応しました。

モールドにスミ入れをしよう

エナメル塗料を使ったスミ入れ方法を徹底解説!ガンプラからスケールモデルまで

ラッカー塗料による基本塗装が済んだら、エナメル塗料によるスミ入れをしていきます。

ここで使用するのはタミヤの「スミ入れ塗料」です。この2色をパーツの色に合わせて使い分けています。

明るい色のパーツには「ライドグレイ」のスミ入れ、

暗い色のパーツには「ブラック」のスミ入れをしました。

はみ出したスミ入れ塗料は、しっかり乾燥させた後、エナメル溶剤を含ませた綿棒で拭き取ってください。

装甲裏の裏側

各パーツの装甲裏にもひと手間加えてあげましょう。

スミ入れ作業と同時に、装甲裏をエナメル塗料で黒く塗りつぶしていきます。

今回はタミヤのエナメル塗料「ジャーマングレイ」を使っていきます。

エナメル塗料なので多少塗料がはみ出たとしても、あとから簡単に拭き取りができるので大雑把に塗り進めても大丈夫でしょう。

はみ出した箇所は、エナメル溶剤を含ませた綿棒で拭き取ってください。

マスキング時はみ出しをリタッチしよう

どれだけ丁寧なマスキングを心がけていたとしても、多少のはみ出しは発生してしまいます。

綺麗な仕上がりを目指すため、このようなはみ出し箇所も地道に潰していきましょう。

ホルベイン ペーパーパレット SS 148×100mm 30枚入 121264

ホルベイン ペーパーパレット SS 148×100mm 30枚入 121264

180円(07/14 01:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

ペーパーパレットにパーツと同じ色の塗料を少量出して、模型用の面相筆ではみ出ている箇所を丁寧に塗りつぶしていきます。

塗れました。

塗った直後は、塗料内に溶剤が多く含まれているので表面がモリッとしてますが、完全に乾燥すればもうすこし目立たなくなるでしょう。

トップコートでツヤ感をコントロール

すべてのパーツの塗装が終わったら、つや消しのトップコートを塗装して最終仕上げです。

ここで失敗してしまうと、これまでの頑張りが無駄になってしまうので、集中して作業しましょうね!

付属のホイルシールでアクセント

つや消しトップコートが終わったら、頭部のメインセンサーやツインアイといった「メタリックでキラッと光らせたほうが映える塗装」の箇所に、付属のホイルシールを貼り付けてお手軽に仕上げちゃいましょう。

▼ EXスタンダードライジングフリーダム全記事まとめへ戻る「SDガンダム」を作ってみよう!EXスタンダード ライジングフリーダム