プラモデル塗装で使える『面相筆』を紹介!愛用している11種類の筆を徹底比較してみた

モデラー

 

こんにちは。柚P(@yzphouse)です。

皆さんは、模型の塗装をするときに「筆」を使いますでしょうか?

プラモデルで使用する筆の中には、細かい部分を塗装するための「面相筆(めんそうふで)」というものがあります。

面相筆には、模型用だけをとっても種類が沢山あるため、「どれを買っていいか分からない」なんて方も多いのではないでしょうか。しかも値段が1本数百円~数千円といった高級なものも多いので、下手なものを買って失敗はしたくはありませんよね。

というわけで、この記事では「私が使っているor使ってきた」中でオススメの面相筆を紹介していこうかと思っております。

紹介する面相筆の種類

今回紹介する面相筆はコチラ。

  • 【文盛堂】ハイセーブル5/0
  • 【ハセガワ】 面相筆 KF5・KF106
  • 【モデルカステン×pebeo】 田中流筆 10/0
  • 【ハイキューパーツ】 熊野筆KMブラシ 面相筆極細M0904
  • 【スジボリ堂】 面相筆エクセロン
  • 【ARTETJE】 CAMLON PRO
  • 【ゴッドハンド】 神ふで極面相 サイズS・M・L
  • 【世界堂】 SEKAIDO LINER 10/0
  • 【インターロン】水彩筆 丸 3/0号
  • 【ラファエル】 コリンスキー 丸 5/0 号
  • 【モデルカステン】コリンスキー模型用面相筆 OO号/S

紹介していくにあたって「どういった特徴か」「どのような用途に適していそうか」を中心にレビューをしていきます。

その内容から「自分がどのような用途で使いたいのか。」と照らし合わせて面相筆を選ぶ参考にしてみてください。

【文盛堂】ハイセーブル5/0

面相筆の評価
穂先の耐久性
3.0)
コストパフォマンス
5.0
穂先のまとまりやすさ
4.0
穂先の細さ
4.0
毛の硬さ
3.0)
オススメ度
5.0

私が住んでいる広島でよく売られている「ハイセーブル5/0」です。

値段と性能のバランスが良く、非常にコスパの高い筆といえます。値段は400円程度です。

値段も安いので、プラモデル初心者の「面相筆どれがいいのか分からない。あと高い面相筆買うのも気が引ける。」という方にも安心してオススメできます。

穂先のまとまりもよく、細い線も描きやすいです。新品状態では数千円クラスの面相筆に負けないくらい使いやすいです。

しかし、この面相筆には弱点がありまして。安物のナイロン筆なので穂先に癖が付きやすいんですよね。耐久性に難ありって事です。

筆を洗うのをサボってしまうと一発でやられます。癖がついて跳ね毛が増えてきます。

穂先がパラパラになって、まとまらなくなってきたら買い替えですかね。

【ハセガワ】 面相筆 KF5

面相筆の評価
穂先の耐久性
5.0
コストパフォマンス
3.0)
穂先のまとまりやすさ
5.0
穂先の細さ
4.0
毛の硬さ
2.0
オススメ度
5.0

【2020/08/11追記】ハセガワの熊野筆シリーズが2019年11月にリニューアルされて再販されました。

ハセガワが販売していた「熊野筆 KF5」という面相筆です。実は現在はもう販売終了している商品で、あるとしても店舗に残っているぶんだけです。ちなみに値段は定価800円。

売ってない商品なんで紹介するんだよ!って言われそうですが、私がこの筆好きすぎてすごく再販して欲しいと思ってるんですよね、そういう願いも込めて紹介します。

この筆の外見的な特徴としては、根本が太く強めのテーパー形状になっている。という点です。

根本が太い=塗料を含むタンクが大きい=ワンストロークで長い線を描くことができる。ということに繋がります。

ほとんどの筆は根本を太くすればそれに比例して、穂先も太くなってくるんですけどこの筆は違います。

見ての通り、筆の先端はかなり細く尖らせることができます。力の入れ加減で「細い線」も描けるし、筆を強めに押し当てると「太い線」も描くこともでき、幅広いコントロールがとてもしやすいです。

筆の毛にはコリンスキーを使っているそうです。コリンスキーはイタチの一種ですね。

動物の毛を使っている筆は「有機溶剤」には弱いとされていますが、ちゃんとメンテナンスをしながら使い続ければ、ナイロン筆と同じくらい長持ちします。

さらに、動物の毛はナイロン毛とは違い「毛の先端に癖がつきにくい」という特徴もありますね。

「耐久性」「使いやすさ」「穂先の細さ」どれをとっても満足のいく最高の面相筆です。もし店舗で見つけることができたら是非買ってみてください。

再販された面相筆 KF106

面相筆の評価
穂先の耐久性
5.0
コストパフォマンス
2.0
穂先のまとまりやすさ
5.0
穂先の細さ
5.0
毛の硬さ
2.0
オススメ度
4.0

ハセガワの熊野筆シリーズが帰ってきましたので紹介しておきます。

値段は、前モデルの2倍くらい高くなって、1400円くらいになりました。高級面相筆の仲間入りですね・・・

▲左側KF106 右側KF5

前モデルの穂先と比べると、形状も若干変わっているみたいです。少し細身になりましたね。

使い心地については、前モデルと比べても謙遜無いくらいの高いクオリティになっていると思いました。ラッカー系塗料を使ったリタッチ作業なんかに使いましたが使い心地抜群です。

【モデルカステン×PEDEO】 田中流筆 10/0

面相筆の評価
コストパフォマンス
3.0)
穂先のまとまりやすさ
4.0
穂先の細さ
4.0
毛の硬さ
3.5
オススメ度
3.0)

ボークスで発見してから気になっていたので購入した「田中流筆」です。エアモデルの筆塗り塗装で有名な田中克自さんが監修した面相筆らしいですね。

穂先もかなり鋭く尖っていて毛のまとまりも良く、毛の硬さもほどよく穂先がしなやかに曲がってくれます。

使い心地についても悪くなかったです。コシも強いので、細い線もブレずに描きやすいです。

毛の色からして動物の毛っぽいですが「ナイロン筆」を使った筆のようです。ナイロン筆は癖が付きやすいイメージがあるので、耐久性が気になるところ。

あと、筆の柄の部分がむき出しの木なのも残念なポイント。柄に塗料が付いてしまったらシンナーで綺麗に拭き取れ無さそうです。

【ハイキューパーツ】 熊野筆KMブラシ 面相筆極細M0904

面相筆の評価
穂先の耐久性
3.0)
コストパフォマンス
2.0
穂先のまとまりやすさ
3.0)
穂先の細さ
3.0)
毛の硬さ
3.0)
オススメ度
3.0)

ハセガワのKF5の販売が終了してから数年後、熊野筆というワードにつられて購入したハイキューパーツさんの「面相筆極細M0904」です。

KF5の後釜になってくれるか?という期待を込めて2本も購入しちゃいました。値段は1本950円。

ちなみに「熊野筆」というのは筆製造メーカーの名前ではなく、広島県安芸郡熊野町で作られている筆全般のブランドを「熊野筆」と呼んでるみたい。つまり熊野町で作られた筆が熊野筆ということ。

穂先を見てみましょう。

初めて使った感じは「そこまで尖らない面相筆」というイメージでした。しかし、毛の先端はしっかり揃っているので「めちゃくちゃ細い平筆」のような使い心地。

穂先が尖ってくれないのでアイペイントのような繊細で細い線を描くのには向いてないですかね。

細い線は苦手ですが、その代わりに塗料の流れ出しが良いように感じました。ですので、ガンプラの細かい部分塗装には最適な面相筆と言えるのではないでしょうか。

その他の特徴としまして、「模型用の有機溶剤ラッカー・エナメル・アクリル塗料にも強い」というメーカーからの製品紹介があります。

ただ、私が使用した感じだと、体感ではそこまで強い!っとは思えませんでした。使ってると他の筆と同じように普通に劣化しました。

【スジボリ堂】 面相筆エクセロン

面相筆の評価
コストパフォマンス
3.0)
穂先のまとまりやすさ
3.0)
穂先の細さ
3.0)
毛の硬さ
2.0
オススメ度
3.0)

スジボリ堂の「エクセロン」という面相筆。値段は定価で700円。面相筆としては普通の値段ですね。

エクセロンのシリーズで一番細い筆を買いましたが、こちらもハイキューパーツの面相筆M0904と同様に「穂先がそこまで尖らないタイプ」の面相筆でした。

特殊なナイロン毛を使っているようで「油性塗料への耐久性があり」「しなやかで適度なコシ」があるみたいです。

実際に使ってみた感じも、ナイロン筆にしてはやけに柔らかく、軽い力で穂先をしならせることができました。

そして、筆に使用されているナイロン毛に特殊加工でストレートパーマーみたいなものがかかっているらしく、穂先がまとまらなくなってきたら「熱めのお湯につけて矯正することができる」そうです。

【ARTETJE】 CAMLON PRO 10/0

面相筆の評価
穂先の耐久性
3.0)
コストパフォマンス
4.0
穂先のまとまりやすさ
4.0
穂先の細さ
4.0
毛の硬さ
3.0)
オススメ度
3.0)

模型業界ではあんまり聞いたことないメーカーだとは思いますがARTETJE(アルテージュ)の「CAMLON PRO」です。

値段は700円ほど。

模型用ではないので、画材店などで手に入れることができます。世界堂でも取り扱っていますね。

穂先のまとまりが良く、細い線も描きやすかった筆です。

サイズのバリエーションがいくつかあり、【100/0】といったかなり細い面相筆や、【5/0】のような太めの面相筆なんかもあります。

▲右から、100/0、10/0、5/0、というサイズ。

ガンプラのスミ入れ、塗装のリタッチ、フィギュアの面相、どんな作業にも対応してくれる便利な筆ですね。

【ゴッドハンド】 神ふで極面相 サイズS・M・L

面相筆の評価
コストパフォマンス
2.0
穂先のまとまりやすさ
5.0
穂先の細さ
5.0
毛の硬さ
3.0)
オススメ度
4.0

ゴッドハンドの「神ふで極面相」です。

ゴッドハンドが展開している筆シリーズの「神ふで 面相筆」よりも更に細さを追求した「神ふで 極面相」です。

値段はS・M・Lともに1000円です。

まずはLサイズから。

ゴットハンドの「神ふで極面相」に使われている毛も、特殊ナイロン毛らしく「熱いお湯につける」と毛のバサつきを矯正できるみたいです。

続いてMサイズ。

フレームアームズ・ガールやメガミデバイスといった1/10スケールの美少女フィギュアのアイペイントで、このサイズを頻繁に使うことが多いです。

L・Mサイズともに、穂先が細すぎるので「塗装のはみ出しなどのリタッチ作業」には少し使いにくいと感じました。

神ふで極面相シリーズは「細い線や点を描く専用の筆」だと思って使いましょう。

最後にSサイズ。

ここまで細くなってくると私にも使いこなせません。てか使うシチュエーションが滅多にない。

ガンプラに付属している1/144・1/100スケールの宇宙服フィギュアや、戦車模型での1/35や1/48スケールのフィギュア、マシーネン系フィギュアの「極小アイペイント」をする人にはオススメできそうです。

塗装初心者にオススメ出来るような筆ではないので、”上級モデラー向け”の面相筆と言

えるでしょう。

私が使った感じだと

  • マスキングはみ出しなどのリタッチ作業・部分塗装→Lサイズ~それ以上の大きい面相筆
  • 1/7スケールのスケールフィギュアのアイペイント作業→Lサイズ
  • FAガール・メガミデバイスなどの小スケールフィギュアのアイペイント作業→Mサイズ
  • 1/35スケールなどの極小アイペイント作業→Sサイズ
  • 小スケールフィギュアのアイペイントで虹彩などの細かい書き込み→Sサイズ

が適しているような気がしました。

【世界堂】 SEKAIDO LINER 10/0

面相筆の評価
コストパフォマンス
5.0
穂先のまとまりやすさ
3.0)
穂先の細さ
3.0)
毛の硬さ
3.0)
オススメ度
4.0

世界堂で購入した面相筆です。SEKAIDO LINERって書いてあります。緑の柄とお尻のオレンジ色が特徴的ですね。

値段は300円で非常に格安です。

300円という値段の筆にしてはクオリティが高く、プラモデルの筆塗り塗装をはじめて行うという方にもオススメですね。

この筆には、面相筆以外にも沢山の種類・形状が用意されています。面倒筆をはじめ、平筆、丸筆、斜筆、平丸筆・・・などなど。選ぶだけでもワクワクしますね!

もし世界堂に行く機会があれば、この筆を探してみてください!

【インターロン】水彩筆 丸 3/0号

面相筆の評価
コストパフォマンス
5.0
穂先のまとまりやすさ
3.0)
穂先の細さ
3.0)
毛の硬さ
3.0)
オススメ度
3.0)

世界堂で購入した、インターロン 水彩筆 丸 3/0号 です。

値段は370円と安いです。

豚毛に似せてカール加工をさせた特殊なナイロン毛で、天然毛に似せるため疑似キューティクルをナイロン毛に施している。という特徴があるらしい。

それだけ聞くと、凄い筆なのか!?ってなりますが、使った感じは普通の筆と特に変わらずといった印象でした。個人的には本物の天然毛(コリンスキー)とかのが圧倒的に使いやすいと思った。

値段も安いので、リタッチ用の筆とかスミ入れ用の筆として使うのは良さそうです。

個人的な感想としては、可もなく不可もなく。って感じ。

インターロン 水彩筆 1026-3/0 丸 3/0号

インターロン 水彩筆 1026-3/0 丸 3/0号

362円(10/18 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

【ラファエル】 コリンスキー 丸 5/0 号

面相筆の評価
コストパフォマンス
2.0
穂先のまとまりやすさ
5.0
穂先の細さ
5.0
毛の硬さ
3.0)
オススメ度
5.0

こちらも世界堂で購入した、ラファエルという名前の面相筆。

大天使の名前が付いてるので強そう!

値段は1500円もするので、かなり高級な面相筆の部類ですね。

商品名にも書いてあるとおり、穂先にはコリンスキーの毛が使われています。

使用した感じ、ラッカー系塗料を使ったリタッチ作業でも、穂先のまとまりが非常によく快適に作業が出来ました。さすが値段が高いだけある。

私はかなり気に入ってる面相筆です。たぶんこの記事で紹介した筆のなかで一番好き。また世界堂行く機会あったら、数本まとめて買い溜めておきたいくらい。

しかし、値段も値段なので、万人にオススメできるような面相筆ではないと思われます。「最高級の面相筆を体験してみたい」という方は試しに買ってみてもいいかも?

Raphael(ラファエル) 筆 8404 コリンスキー 丸 5/0号

Raphael(ラファエル) 筆 8404 コリンスキー 丸 5/0号

1,650円(10/18 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

【モデルカステン】コリンスキー模型用面相筆 OO号/S

面相筆の評価
コストパフォマンス
1.0
穂先のまとまりやすさ
5.0
穂先の細さ
4.0
毛の硬さ
3.0)
オススメ度
3.0)

これで最後です、一部のSNSで少しだけ話題になってたモデルカステンのコリンスキーOO号/Sです。

値段は2000円と、今回紹介した筆の中では一番高いですね。

穂先の形状は、根本が太く先端が細い、という、私も好きな形状をしてます。塗料の含みも良さそう。

他の筆に比べると、太めの面相筆に見えますが、先端のまとまりが非常によく、針のように尖らせることもできるので、細い線から太い線まで自由自在に描くことが出来ます。

アイペイントなどの強弱が必要な塗装に適してそうですね。

しかし、こちらの筆も値段が高いので、リタッチやスミ入れに使う筆にはオススメ出来ません。オーバースペックな気がします。

本当にシビアな面相作業が必要になるようなパーツの塗装で使用する「最終兵器」として持っておくのをオススメします。