ガンプラ改造!関節を改造して可動範囲を大きくする方法とは?

こんにちは。柚P(@yzphouse)です。

この記事では、バンダイから発売されている「MG 1/100 MS-06F/J ザクII」を使用して、ガンプラ改造にチャレンジしていきます。

今回は、市販の関節パーツを使用して可動範囲の拡大加工に挑戦していきます。

▼『MGザクⅡを使ってガンプラ改造』の全記事はこちらから!

ガンプラ改造にチャレンジ!MGザクⅡを徹底改修してみた製作記事まとめ

MGザクⅡを使ってガンプラ改造にチャレンジ!製作記事めとめ

改造に使用する関節パーツ

まず、ガンプラの関節改造で使用する関節パーツを用意しましょう。

この記事では、可動範囲も広く関節強度もあり、接着にも対応している「関節技ボールジョイント」を使用していきます。

PS・ABS樹脂製の関節以外にも、耐久性の高いポリエチレン製の市販のポリキャップもあります。どこに仕込む関節なのかを明確に決め、適切に使い分けましょう。

スポンサーリンク

腰に関節を埋め込む

それでは関節技を使って改造をしていきます。改造の参考キットとしてMGザクⅡver1.0を使用していきます。

MG 1/100 MS-06F/J ザクII (機動戦士ガンダム)

MG 1/100 MS-06F/J ザクII (機動戦士ガンダム)

4,390円(08/26 21:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

このMGザクⅡver1.0の胴体には腰関節が入っていませんので、新しく関節を埋め込んでいきましょう。

スカート周辺の外装パーツを外して内部フレームを露出させて、関節が仕込めそうなところがないかチェックします。

ちょうど、腰の真ん中あたりに関節技が入れられそうですね。

関節を入れる位置を決めたら、エッチングソーを使ってつながっている腰部分カットします。

パーツの断ち切り作業で使用している鋸は「ハイパーカットソー0.2」ですね。刃厚がそれなりにあるため刃が歪みにくく、エッチングソーを持ってない初心者でも安心して使えるのでオススメです。

というわけでパーツを分割できました。

2パーツに分割しただけだと、腰を動かしたときの余裕がないので、さらに追加でカットしていきます。

追加で上半身部分を切ってみました。

▲これで腰を稼働させたときのクリアランス確保が出来ました。

ボールジョイントを埋め込む

それではボールジョイントを仕込んでいきます。

まず、キットパーツと関節技(ボールジョイント)を接続するための土台を作ってやります。

2mmプラバンを3段に重ねたプラ製のブロックを用意して、先程分割したキットのパーツに接着します。

関節技のボールジョイントが差し込めるよう、3mmの穴をドリルであけます。

これで下半身側へボールジョイントが接続できるようになりました。

上半身側も同じように、プラバンを使ってボールジョイントが差し込める土台を作ってやり、ボールジョイントが接続できるよう3mmの穴をあけておきます。

関節技が仕込めたら、外装パーツを取り付けて腰が稼働するかどうか確認してみましょう。

▲横方向スイング

▲縦方向スイング

大きな動きは出来ませんが、ある程度のスイングはできるようになりました。腰関節が動かせるようになったことで、ポージングの際の表情が付けが楽になりますね。

股関節の2段ボールジョイント化

続いて股関節を関節技に差し替えてみます。

元キット関節のボールジョイント関節が5mmなので、関節技の5mmがそのまま使えます。

まず、必要ない関節をノコギリで切り離します。

ここからの手順は先程と同じです。2mmプラバンを積層した土台を作りまして、

プラバンで製作した土台に関節技を取り付けたら、股関節の2段ボールジョイント化の完了です。

足首の2段ボールジョイント化

MGザクⅡver1.0の足首関節は可動範囲がとても狭いのでも有名です。せっかくなので、足首にも関節技を埋め込んでみましょう。

作り方は先程同様、プラバンで土台を作ってボールジョイントを差し込みます。

足首関節も元キットのボールジョイント関節が5mmだったので、関節技のボールをそのまま使うことが出来ました。

これで足首の可動範囲も広がりました。

スポンサーリンク

それ以外の関節改造方法について

ここまでは「関節技」を中心に使用して関節改造をしていきましたが、それ以外の方法についても少しだけ紹介します。

余ったポリキャップを使った関節新造

ポリキャップ

市販パーツを使う以外にも、ガンプラ組み立て時に余ったポリキャップを使って関節を増やす方法もあります。余り物を使うことで、関節改造にかかるコストも少なく済むというメリットもあります。

ただし、ポリキャップの受け軸となるパーツを新造しなければいけなかったり、市販パーツを使う方法より工作のハードルは高くなるというデメリットもあります。

▲「ウェーブ PC03 プラサポ」といったポリキャップの受け軸を簡単に製作できるサポートアイテムもあるので、プラバンから1から作れるか不安という方はこういうアイテムを使ってみてもいいかもしれません。

簡単な関節新造ならプラサポだけで完結できるでしょう。

ガンプラの関節を流用する

他にもガンプラのジャンクパーツをそのまま使用するという方法もあります。ガンプラパーツの使えそうな関節を少しだけ加工して流用することで、関節の新造・可動範囲の拡大といった工作が簡単に出来ます。

元がガンプラのパーツですので、デザイン性も良く、関節強度や可動範囲の性能も高いものが多いというのもありがたいですね。

問題があるとすれば「ガンプラの関節パーツをどこから入手するか」でしょうか?関節パーツの流用だけで、新品のガンプラを潰すのはなんだかもったいないしコスパも悪いですしね。

そこでオススメなのが、近くのジャンクパーツショップでパーツ単位で格安で入手する、という方法です。

有名なところで例をあげると、ブックオフやイエローサブマリンとかですかね、それ以外にもガンプラ等のジャンクパーツを格安で取り扱っているお店は全国にたくさんあります。探してみて。

自分の所有しているジャンクパーツの在庫に良い関節がなかった時なんかは、ジャンクパーツ取扱店へ行き最適なパーツを探してみてもいいかもしれませんね。