プラモデルで使える木製台座の作り方!ワトコオイルフィニッシュを使って楽々塗装!

モデラー

  • 柚P

 

こんにちは。柚P(@yzphouse)です。

この記事では、プラモデルやジオラマで使える「木製台座」の作り方について紹介していきます。

木製台座とは

ジオラマを作成していく上で、はじめに準備しないといけないのが、ジオラマの土台となる部分です。

一般的には入手性の良さ、加工のしやすさから「木材の台座」が選ばれることが多いですよね。

木材の台座と聞くと「製作自体が難しい」みたいなイメージがあると思います。

しかし、探してみるとホビーメーカーが「塗装済み木材ディスプレイベース」みたいな商品を販売されてたりもします。

木材以外にも、ロボットなどのキャラクターモデルには「メカニカル感を重視した台座」もありますね。

ビルダーズパーツ 1/144 システムベース

ビルダーズパーツ 1/144 システムベース

2,574円(07/14 01:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

自分がどんなプラモデルを飾りたいか、どんなシチュエーションのジオラマを作りたいかで、ベースを選んでみるといいでしょう。

展示中のホコリやゴミ避けとして「クリアケースタイプ」がいい、という方にはこちらの商品がおすすめ。

下部の土台はプラスチック製なので加工もしやすく、安心のタミヤ製なので品質も高いです。

ホームセンターで購入した木材をディスプレイベースとして使用

私がよく使用するのは、ホームセンターで売られている「木製ディスプレイベース」です。

形状は「丸」「楕円」「四角」など色々あり、お店によって種類も違うので、いろんなホームセンターを回ってみると面白い発見があるかもしれませんね。

ホームセンターで売られている木材は基本的に「加工したまま」「無塗装」なので表面の仕上がりは荒いです。

ちゃんと展示台として使用するために、表面をヤスリで整えてやりましょう。

はじめは、100番~400番の紙やすりで表面を磨いていきます。

手で触ってみて、木材の表面がなめらかになっているのが確認できたら磨きは終わりです。

磨きが終わったら、ニスを使って色を付けていきましょう。

「木目」を活かすためのニスは「水性ニス」「油性ニス」「オイルステイン」などいろいろ種類があります。

ホームセンターなら、「ニスを塗ったときのテストピース」も一緒に展示してあると思うので、実際の仕上がりを目で見てから購入すれば間違いはないでしょう。

ちなみに、私が愛用しているのは「ワトコオイル」というオイル系の塗料です。

ワトコオイル ダークウォルナット W-13 200ML

ワトコオイル ダークウォルナット W-13 200ML

1,272円(07/13 20:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

ワトコオイルはサラサラ系の塗料なので、表面に塗るというよりも、木目に浸透させて色のメリハリを付けていくような塗料です。

一定量のオイルを塗布したあと、しっかり乾燥させ乾いた布で拭き上げて光沢感を出していきます。

水性ニスや油性ニスでよくある「表面の研ぎ出し」もないので、初心者でも簡単にできますね。

このオイルだけで塗装完了させてもいいのですが、さらに汚れ防止をしたいという場合は別売りの表面保護ニス「ワトコワックス」を併用するとよいでしょう。

ワトコワックス ナチュラル W-15 200ML

ワトコワックス ナチュラル W-15 200ML

3,480円(07/14 01:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

ワトコオイルフィニッシュは400mlと大容量なので、模型用途だけだと全部を使い切ることは難しいですね。

塗料を塗って木目の表情をはっきりさせる

さきほど紹介した「ワトコオイル ダークウォールナット」を塗ってみました。

塗るだけで、めちゃくちゃ深みが出ましたね。

ワトコオイルを使用するときは「木材表面の質感がそのまま出るので表面処理を怠らない」という点に注意して使用してください。

木材をどれだけ綺麗に磨けているかで、オイルを塗った後の光沢感に差が出てきます。

土台となる木製ベースはホームセンターでなくても、身近にある100円ショップなんかでも手に入れることができます。

写真の四角い箱はダイソーで購入してきたものですね。

100円ショップで売られているような木製小物入れも、ひっくり返して使用すれば「ジオラマベース」として活用できます。

ただし、こちらも表面の仕上げは甘いのでヤスリで表面を磨いてやる必要がありそうです。

まとめ

今回はジオラマベースについての紹介でした。

次回はジオラマの「地面」について紹介していきたいと思っております。

情景テクスチャーペイントを使用していろんな地面を製作してみよう!

それでは。