ガレージキット複製で使用するウレタン注型用の「離型剤」のオススメは?

こんにちは。柚P(@yzphouse)です。

みなさんは、レジン複製をする際、シリコン型の寿命を伸ばすためになどに使用する「離型剤」についてご存知でしょうか?

模型誌などで「レジン複製」についてフォーカスされることはあっても、離型剤の種類まで詳しくカバーできているものってあんまりないですよね。

というわけでこの記事では、私が使っている離型剤をいくつか紹介していきたいとおもいます。

そもそも離型剤とは?

ガレージキットを買ったり作ったことある方なら、「離型剤」というワードを一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか。

離型剤というのは名前の通りの意味なんですけど、型からパーツを離れやすくするための油のようなものでして、パーツ成形の前にシリコン型などにスプレーで塗布して使用したりします。

離型剤を塗布することで、型の表面がコーティングされ型へのダメージが少なくできたり、パーツの型抜けを良くする効果が期待できます。

ガレージキットを生産する側は、離型剤を使うことで型持ちがよくなったり、パーツが外しやすくなったりといいことばかりですが、逆に、ガレージキットの買い手側は、塗装するために成形品についた離型剤を落とさないといけないという手間が増えたりもします。

この「離型剤落とし」については、別の記事で解説していますので、こちら「フィギュア初心者でもできる!ガレージキットの離型剤を徹底的に落とす方法!」を御覧ください。

スポンサーリンク

信越シリコーン KF96SP

信越シリコーン シリコーン離型剤 420ml KF96SP

信越シリコーン シリコーン離型剤 420ml KF96SP

880円(02/14 18:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

私が知ってる離型剤でもっともポピュラーなものですね、信越シリコーンの「KF96SP」です。

東急ハンズや、模型店、全国のボークスで取り扱っています。

特徴としては、スプレーしたところの表面がツルツルになる、という点でしょうか。離型剤を吹き付けた箇所に薄い油膜が作られるので、塗布した部分が非常にわかりやすいですね。

型の表面がツルツルになるので、成形品も原型の状態よりもツヤが出た状態で成形されます。光沢感が欲しいパーツにも使いやすそうです。

ただし、型に離型剤を吹き付けすぎると、成形パーツの表面が結露したみたいに汚くなってくるので、様子を見ながら吹き付けてみてください。

値段も1000円程度で安く、初めて使う離型剤としては結構使いやすくていいんじゃないでしょうか。

シリコーンオイル KF-96-50cs 1kg

シリコーンオイル KF-96-50cs 1kg

1,909円(02/14 18:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

スプレーガンとかをお持ちの方は、KF96の液剤だけで販売されているものもあるみたいです。後半のSP(スプレー?)が抜けてるますが、中身は多分一緒かと。

離型剤を大量に使う必要がある場合はコチラのほうがお得かもですね。

信越シリコーン KF412SP

信越化学工業 シリコーン離型剤 ペインタブル KF412SP 420ml

信越化学工業 シリコーン離型剤 ペインタブル KF412SP 420ml

1,482円(02/14 13:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

同じく信越シリコーンの「KF412SP」です。先程のKF96SPとパッケージが似ていますが別物です。

こちらの離型剤は、ペインタブル用シリコーン離型剤というものらしく、ようは「離型剤を塗布して成形したパーツが塗装できるよ」ということらしい。

なら、このKF412SPを使えば離型剤落としの作業は必要なくなるね!といきたいところなんですが、そんなうまい話はありませんでした。普通に塗料弾きます、なので過度な期待はせず普通の離型剤として使いましょう。

値段ですが、KF96SPとくらべてKF412SPは若干高いですが、それでも1000円ちょっとくらいで買えます。

こいつの特徴は、成形品が自然なツヤで仕上がる。です。半ツヤくらいの表面になるので、フィギュア、メカもの、どんなパーツでも上品な感じに仕上がります。

私は表面の仕上がりが好みなので、KF96SPよりも、こちらのKF412SPを愛用していますね。

性能もそれなりに良いので、普段使い用の離型剤としてオススメです。

スポンサーリンク

ユウビ造形 UB108

こちらはユウビ造形の「UB108」という離形剤です。

フッ素系の離型剤なので、値段は少し高めの2000円ほど。その代わり性能はかなり良かったです。

この離型剤を使った成形品の表面は、かなりフラットなつや消しになります。パーツの表面処理しなくても塗料が食いつき良さそう、そんな印象もうけました。

しかも、この離型剤を吹き付けたら型の表面がサラサラになるおかげなのか、レジンの流れも良くなる気がするんですよね。ベビーパウダーと同じような効果で表面張力が抑えられてるんでしょうか?

私は最近になって、真空注型機も作ったということもありあまり使わなくなってしまいましたが、常圧複製の時代にかなりお世話になった離型剤です。

あと、この離型剤を使うときは防毒マスクを装着したほうがいいです。いや、どんな離型剤を使うにしても防毒マスクはつけないといけないんですけどね。

私がUB108使ってたとき、面倒くさくて防毒マスクを装着せずに使用し離型剤のミストをたくさん吸ってしまったことがありまして。

それから1日ほど咳が出るようになって、深い呼吸ができなくなりました。一時的なじん肺みたいな症状ですかね?マジで体に悪そうなので皆さんも気をつけて。

RCベルグ MR-101

RCベルグで販売しているウレタン注型用の離型剤の「MR-101」です。似たような名前で、シリコン合わせ型用の「MR-102」もあるので間違えないように。

この離型剤は缶スプレータイプではなく、液状が500cc入っているタイプだけの販売となっています。値段は3683円と一見、高く見えますが、500ccもあればかなりの回数使えるのでコスパは高いです。

使用するには、エアブラシやスプレーガンなどの設備が別途必要になります。

ちなみに、この離型剤はゴムやプラスチック(ポリエチレンやポリプロピレン)への攻撃性も高いので、専用のスプレーガンを用意したほうがいいですね。メインの塗装で使ってるエアブラシでこの離型剤を使うと、Oリングとかのパッキン類が油を吸って膨張して死にます。

私は、Amazonで売られている中華のK-3とかいう激安スプレーガンに入れて使っています。これなら壊れたとしても痛くも痒くもないので。

性能についても、RCベルグも愛用しているということもあり、問題なく使えます。

表面の仕上がりは、若干のつや消しになります。RCベルグで業者抜きされたパーツを見たことある方ならおなじみのあの感じです。

あと、この離型剤をシリコン型に吹き付けすぎたところで「成形品の表面がボソボソになる」ということはありませんでした。

しかし、浸透力が強いという事もあり、離型剤を吹き付けすぎてると、使い続けているうちにシリコン型が離型剤を吸って膨張してきます。これについては、私の使い方の問題や真空脱泡の影響があるのかも知れませんが・・・。

膨張してくると、シリコン型のスジボリの凸部分が膨張して波打ったり、薄物のパーツが綺麗に抜けなくなったりするので、吹き付けすぎには注意です。

私もこの離型剤をつかって何千ショットか使い続けましたが、表面が濡れるか濡れないかの手前くらいで止めておくのが丁度いいと感じました。表面が濡れるまで吹き付けると、確実にモールドの再現性とパーツの精度が落ちていきます。

素人からすれば、少し扱いが難しいですが、ちゃんと使いこなせるようになれば高コスパ高性能な離型剤と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

平泉洋行 ハイリムーバー94FXII

最後に、平泉洋行の「ハイリムーバー94FXII」です。私が知っている中で一番最強の離型効果を持った離型剤です。

フッ素系の離型剤で、値段は2000円ちょっととお高めです。

この離型剤の特徴は、離型効果が非常に高く「レジンとシリコンが剥がれにくくなってきたな」って時に使うと超便利です。まるでシリコン型が復活したかのように、型の限界から、さらに追加で10ショットくらい複製ができるくらいの性能があります。

それくらい性能がいいなら、最初からハイリムーバー94FXII使えばいいじゃん?って話になりそうなんですが、まあ、それでも全然いいと思います。型持ちも超良くなりびっくりするくらいの数が抜けるでしょうし。

しかし、なぜ複製作業を頻繁にしているであろうモデラー方が、この離型剤をあまり使っていないかにも理由がありまして。

多分ですが「成形したパーツの表面がヌルヌルツルツルになって気持ちが悪いから」だと思っています。私もハイリムーバー94FXIIをメインに使わないのがこの理由からです。

ハイリムーバー94FXIIを使って複製したパーツを手に持った瞬間のヌルヌル感といったら・・・あまり好ましいものではないですほんと。成形品の表面もツルツルテカテカになります。なのでクリアパーツの複製でこの離型剤を使えば、かなり透明度の高い成形品が作れます。

こういう特徴をふまえて、私のハイリムーバー94FXIIの運用方法は「最終兵器」として使っています。シリコン型あと数回だけもってくれっ!ってときに活躍するので、1本だけでも持っておけば安心感があります。