今月のブログには書けないシリーズは「複雑な形状をした大伴デカールの貼り方」です! 詳しくはこちらから ▶▶

【ガンプラ製作の基礎まとめ】モデラーなら知っておくべき「基本工作」といわれる技法とは?

ガンプラ製作を趣味とするモデラーの皆さんは、「組み立て・改造」といった工作をどのようにやっていますか?

説明書通りに組み立ててそのまま完成、部分塗装して簡単フィニッシュ、全塗装して本格的に仕上げる、ミキシングでオリジナル作品を作る、などなど、作る人によって様々だと思います。

今回は塗装をしない人、塗装をする人関係なく「ガンプラを綺麗に作るための基本工作」についていくつか紹介していきます。

もちろん、ニッパーでパーツを切り離してそのままプラモデルを組み立てて楽しむというのもありだと思います。「基本工作」という名前ついてるから絶対やらないといけないということはありません。あくまでも「綺麗に組み立てるためのひと手間」なので。

正直なところ面倒くさい作業が多いですがですが、この記事で紹介するポイントをしっかり押さえて組み立てを行えば、完成したときのクオリティがかなり上がります。

この記事ではいくつかの専門用語が使われています。事前にガンプラ初心者なら覚えておきたい!「ガンプラ用語集」完全保存版!記事を読んでおくと内容が理解しやすくなるかと思います。

ガンプラにおける基本工作

ゲート処理

パーツのゲート処理です。

ニッパーで切り離す部分ですね、ナイフやヤスリで磨いて整えます。

組み立て作業と同時にやることで、後からゲート跡やパーティングラインを気にせず、ディティールアップなどの工作に集中できます。

詳しいゲート処理については圧倒的にキレイな「ガンプラのゲート処理」をする方法を徹底解説!の記事を参考にしてみてください。

パーティングラインの処理

パーティングライン処理

パーティングラインとは、プラモデルのパーツ整形で使用される「金型」の合わせ目で発生してしまうライン上の跡のことです。

ヤスリやナイフなどで簡単に綺麗に処理できるので、目立つパーティングラインは綺麗に消しておきましょう。

詳しいパーティングラインの処理についてはPS樹脂から軟質樹脂まで!「パーティングラインの消し方」を徹底解説!!の記事でまとめております。

ダボ穴殺し

パーツ同士を組み付ける前に、ダボ穴やピンを加工してパーツ同士を外れやすくする加工です。

改造や塗装を前提としたガンプラを作るとき、仮組みしたパーツを簡単に分解しやすくなるので、「作業効率アップ」や「パーツの破損」という事故が起こりにくくなる効果があります。

ダボ穴・ピンを殺すやり方には、オス側のピンをニッパー等で斜めにカットする方法と、メス側の受けをピンバイスでひと回り大きな穴にしてやる方法があります。

簡単なのは、ダボ穴に入るオスピンを斜めにカットする方法ですね。

無造作にカットするとパーツがちゃんと固定されなくなったりするので、ピンにかかるテンションの方向を考えながらカットしましょう。

パーツの合わせ目の処理

塗装をする前に、パーツ表面にでている目立つ合わせ目を消します。

合わせ目を消すやり方はいくつかあります。【ガンプラ初心者】合わせ目を消してパーツ同士を完全に一体化させるコツを徹底解説!! で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

後ハメ加工

後ハメ加工 完成

パーツを塗装する時、このような挟み込みのパーツだと「合わせ目消し」が出来なかったり、不便なことが多いです。

そういう場合に行うのが「後ハメ加工」です。キットのパーツに手を加えて組み立た後でもパーツを外せるようにする加工です。

この工作に関しては一概に「こういったやり方で出来ます」と言えないので、また別の機会に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

表面処理・エッジ出し

ヤスリスティック

塗装をするにあたって気をつけないといけないのが、パーツの下地処理についてです。

塗装前にパーツの上に塗料が食いつきやすいように、パーツの表面に軽くヤスリをかけておきましょう。

それからもう一つ、表面処理をしていく中で意識しておかないといけないのが「エッジ」についてです。

塗装をする前に紙やすりでパーツ表面を荒らして下地を作るついでに、平面、曲面、エッジ出しも一緒に行っていきましょう。

やすりで平面をみがく

600番 タミヤ 紙やすり

平面を磨くときに使う工具は、「平面が出ているヤスリ」を使いましょう。平形の金属ヤスリや、当て木に紙やすりを貼り付けたものなんかがあります。

模型メーカーが販売している平面用のヤスリについては【ガンプラ工具】パーツの表面処理で便利な紙ヤスリ&当て木【まとめ】で紹介しています。

それ以外にも、スチレンボードを使った格安なヤスリスティック超簡単!スチレンボードで作る自作ヤスリスティック!もオススメなので気になったら自作してみてはいかがでしょうか。

曲面をみがく

3Mスポンジヤスリ 三種類 ファイン スーパーファイン ウルトラファイン

曲面の処理は平面とは少し違った工具を使います。

主に「スポンジヤスリ」を使うことが多いです。スポンジの表面に砥粒を付着させてあるようなもので、パーツの曲面のに追従して元の丸い形状を崩さずに削ることができます。

逆に平面にスポンジヤスリを使用すると、エッジにばかりに力がかかって角が落ちてしまいます。

どうしてもエッジが近くにある箇所を削らないといけない、という場合は注意して作業するしかないですね。

スポンジヤスリの種類についてはガンプラ製作で曲面表面処理が捗る!便利な「スポンジヤスリ」の種類を徹底解説!の記事を参考にしてみてください。

エッジ出し

表面処理 スジボリ

ガンプラは対象年齢が低く設定してあり、パーツ自体も怪我をしないようにわざと角が丸くして安全面が確保されていたりしています。

表面処理の工程で、面と面を丁寧にやすりをかけて、角がきっちり立つように意識しながらエッジ出しをしましょう。

詳しいパーツのエッジ出しについてはガンプラの表面処理をして完成度を上げる!簡単に出来る「エッジ出しの技」とはの記事で紹介しています。

 

逆エッジ処理

角になっている部分をエッジというのとは逆に、面同士が入り込んで隅になっている部分を「逆エッジ」といいます。

逆エッジ処理は、やってる人もあまりいませんね。これといった道具というのがはっきりとはありません。

隅の角度によって、彫刻刀やタガネ、アートナイフを使って鋭い逆エッジが作れるようになりましょう。

逆エッジについてもガンプラの表面処理をして完成度を上げる!簡単に出来る「エッジ出しの技」とはの記事で紹介しています。

スジボリ掘り直し

タガネ スジボリ

ガンプラのスジボリをタガネや針といった工具を使って彫り直すことです。

合わせ目消しで埋まってしまったスジボリや、スジボリが浅い部分の彫り直しをします。

これもやり方は色々あります。詳しいスジボリについては ガンプラを改造しよう!タガネや針を使用した「スジボリ」を入れる方法を徹底解説!を参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

1日2日ですべてマスターできるような作業ではありませんが、ここで紹介した基本工作をしっかりをおこなった作品は、ひと目見ただけで普通のガンプラとは違う高い完成度ものになっていると思います。

それでは。