【ガンプラ初心者】ガンプラの”基本工作”と言われるているその技法とは?

ガンプラの組み立て、アナタはどのように組み立てていますか?

説明書通りに組み立ててそのまま完成、再現されてない部分だけ塗装して簡単フィニッシュ、全塗装して本格的に仕上げる、と作る人によって様々だと思います。

 

今回は塗装をしない人、塗装をする人関係なく「ガンプラを綺麗に作るための基本工作」について紹介していきます。

正直なところ面倒くさい作業が多いですがですが、この記事で紹介するポイントをしっかり押さえて組み立てを行えば、完成したときのクオリティがかなり変ってきます。

ガンプラにおける基本工作

 

ゲート・パーティングラインの処理

まずは切り離したパーツの、ゲート・パーティングラインの処理です。

組み立て作業と同時にやることで、後からゲート跡やパーティングラインを気にせず、ディティールアップなどの工作に集中できます。

バリ・パーティングラインの処理は、やすり・アートナイフなどで消しましょう。

ダボ穴殺し

スナップフィットのパーツ同士を組み付ける前に、ダボ穴やピンをを加工してパーツ同士を外れやすくする加工です。

改造や塗装を前提とするとき、仮組みしたパーツを簡単に分解しやすくなるので、「作業効率アップ」や「パーツの破損」という事故が起こりにくくなる効果があります。

ダボ穴・ピンを殺すやり方には、オス側のピンをニッパー等で斜めにカットするやり方と、メス側の受けをピンバイスでひと回り大きな穴にしてやる方法があります。

ピンを切りすぎたり、ダボ穴を広げ過ぎると、簡単にパーツがポロポロと取れてしまい、逆に作業効率の低下に繋がるので、適度にテンションのかかる「ダボ穴殺し」の加工のコツを掴みましょう。

一番簡単なのは、ダボ穴に入るオスピンを斜めにカットする方法です。

無造作にカットするとパーツがちゃんと固定されなくなったりするので、ピンにかかるテンションを考えながらカットしましょう。

 

パーツの合せ目の処理

塗装をする前に、パーツ表面にでている目立つ合せ目を消します。

合せ目を消すやり方はいくつかあります。 【ガンプラ初心者】合せ目を消してパーツ同士を完全に一体化させるコツを徹底解説!! で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

合せ目を消すだけではなく、左右対称のスジ彫りをすることによって違和感を無くすという方法もあります。

後ハメ加工

後ハメ加工 完成

パーツを塗装する時、このような挟み込みのパーツだと「合わせ目消し」が出来なかったり、不便なことが多いです。

そういう場合に行うのが「後ハメ加工」です。キットのパーツに手を加えて組み立た後でもパーツを外せるようにする加工です。

この工作に関しては一概に「こういったやり方で出来ます」と言えないので、また別の機会に紹介したいと思います。

 

表面処理・エッジ出し・スジ彫り

全塗装をするにあたって気をつけないといけないのが、パーツの下地処理についてです。

塗装前にパーツの上に塗料が食いつきやすいように、パーツの表面を軽くヤスリをかけておきましょう。

そうすることによって、触ったり関節を動かした時に塗料が剥げにくいような強い塗膜が形成されるわけです。

それからもう一つ、表面処理をしていく中で意識しておかないといけないのが「エッジ」についてです。

塗装していくと、パーツの上に塗膜ができて元のパーツよりエッジが丸くなったり、浅いスジボリなんかは埋まってしまったりします。

なので、塗装をする前に紙やすりでパーツ表面を荒らして下地を作るついでに、平面、曲面、エッジ出しも一緒に行っていきましょう。

 

平面の処理

600番 タミヤ 紙やすり

パーツを整形する際に、樹脂の固まる際の収縮によるヒケ等て綺麗な平面になっていないところが沢山あります。

そういう箇所ができるだけ少ないほうが全体的に見た時の丁寧さに差が出てきます。

使う道具は、平面がしっかり出ているヤスリを使います。平の金ヤスリや、当て木に紙やすりを巻いたものを選びましょう。

▼模型メーカーが販売している平面用のヤスリスティックを紹介しています。

【ガンプラ工具】パーツの表面処理で便利な紙ヤスリ&当て木【まとめ】

▼スチレンボードを使って格安なヤスリスティックを自作してみましょう!

超簡単!スチレンボードで作る自作ヤスリスティック!

 

曲面の処理

3Mスポンジヤスリ 三種類 ファイン スーパーファイン ウルトラファイン

曲面の処理は平面とは少し違った道具を使います。

私は主に「スポンジヤスリ」を使うことが多いです。

スポンジの表面に砥粒を付着させてあるようなもので、パーツの曲面のに追従して元の丸い形状を崩さずに削ることができます。

逆に平面にスポンジヤスリを使用すると、エッジにばかりに力がかかって角が落ちてしまいます。

どうしてもエッジが近くにある箇所を削らないといけない、という場合は注意して作業するしかないですね。

 

エッジ出し

表面処理 スジボリ

ガンプラは対象年齢が低く設定してあり、パーツ自体も怪我をしないようにわざと角が丸くして安全面が確保されていたりしています。

中には、元々のパーツのエッジが丸すぎて、軽く面出しをしただけではエッジが出てくれない場合もあります。

面出しの工程だけでエッジが出なかった時は、瞬間接着剤やパテをエッジ部分に盛り付けてから削り直すと面構成を大きく変えずにエッジ出しが出来ます。

表面処理する工程で、面と面の角もきっちり立つように意識しながら面出しを心がけましょう。

 

逆エッジ処理

角になっている部分をエッジというのとは逆に、面同士が入り込んで隅になっている部分を「逆エッジ」といいます。

逆エッジ処理は、やってる人もあまりいないのでこれといった道具というのがはっきりとはありません。

隅の角度によって、彫刻刀やタガネ、アートナイフを使って鋭い逆エッジを作りましょう。

 

スジボリ掘り直し

タガネ スジボリ

ガンプラのスジボリをタガネや針といった工具を使って彫り直すことです。

合せ目消しで埋まってしまったスジボリや、スジボリが浅い部分の彫り直しをします。

これもやり方は色々あります。コチラでもスジ彫りの記事を描いているので興味があれば参考にしてみて下さい。

誰でも簡単にスジボリが出来る5種類の道具の紹介

 

まとめ

一つのガンプラでこの作業すべてをやるとなると、かなり大変です。

1日2日で出来る作業ではありませんが、ここまですべてやりきった作品は、ひと目見ただけで普通のガンプラとは違うものになっていると思います。

ここまでの基本工作が済んだら、ようやく全塗装に進めます。

時間を描けて丁寧に工作した作品を台無しにしないように、塗装編でも注意するポイント・コツなどを紹介していきます。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします。