使わなくなった塗装ブースを集塵機として使えるように改造してみた。

こんにちは。柚P(@Nitori_cucumber)です。

プラモデルやフィギュアの製作時、表面処理やパテの整形などのヤスリがけ作業で大量の削り粉が出ると思います。

この削り粉を何の対策もせずにほったらかしておくと、机の上が粉だらけになったり、机以外も部屋中が削り粉まみれになってしまうこともあります。

作業毎に机の上や部屋をこまめに掃除すればそこまで酷い事にはなりませんが、やはり頻繁に模型を作る身としてはできるだけ掃除の回数も減らしたいところです。

というわけで、この記事では作業している手元の削り粉を吸い込んでくれる「集塵機」について紹介してみようと思います。

今回はネロブースを導入してから使わなくなったクレオスの「Mr.スーパーブース」を改造して集塵機に作り変えたという記事となっております。

それでは続きからどうぞ。

集塵機とは?

「そもそも集塵機とはなんなのか」から説明してみましょう。

意味は名前の通りなんですけど、集=集める、塵=チリ・ホコリ、機=機械、という感じでチリやホコリを集める機械です。

集塵機といえば、どちらかというと大型の掃除機をイメージする方が多いと思いますが、卓上で使える集塵機もあったりします。

例えばプロクソンの「ダストキャッチャー」。値段は8000円程度です。

模型や手芸用途として使えるように専用で作られてるぶん値段も高めですね。

それ以外にもこんな物もあります。

これはネイル用の集塵機で、値段も3000円以下なので手が出しやすいです。

吸い込むパワーやファンの音量など気になる点は多そうですが、なにもないよりはマシだと思います。

フィルターも多めに付属しているのでモーターが壊れない限りは長く使えそうです。

スポンサーリンク

塗装ブースを改造して集塵機を作ってみる。

塗装ブースを集塵機に改造

では早速製作に取り掛かります。

使用する材料は

  • 塗装ブース(シロッコファン)
  • Φ75mmアルミフレキシブルダクト
  • MDFボード
  • シリコーン樹脂
  • ゴム系接着剤
  • 電動ドリル
  • ホールソー
  • 結束バンド(タイラップ)
  • ガムテープ
  • アルミダクト用の先端キャップ

です。

ベースとなる塗装ブースはクレオスの「Mr.スーパーブース」です。付属のフードを外してシロッコファンだけにした状態を使います。

吸入口の穴を開ける。

始めはMDFボードにシロッコファンの吸入口に繋がる穴を開けます。

使用するのは「ホールソー」と呼ばれてる丸いノコギリが付いている工具。

ホルソー

電動ドリルにホールソーを装着して使います。

塗装ブースを集塵機に改造

ホールソーを使う前に、ファンの中心となる穴の目印を書きます。

目測で「この辺が中心かなー」という部分に線を引いて縦と横でクロスさせて中心線を出します。

ホルソーで穴あけ

この中心を目印に大きい穴を開けます。

穴あけはこれで完了です。

MDFボードをファンの形に加工

塗装ブースを集塵機に改造

吸入口の穴を開けたら、次はそれに合わせてMDFボードの余分を塗装ブースのサイズにカットします。

これも目測で適当にやります。ちなみに、直角定規があれば目測でも簡単に同じような形の直線が引けます。直角な直線が簡単に書けるので1本持ってるととても便利です。

塗装ブースを集塵機に改造

この線を目印にノコギリでカットしてみました。ぴったりです。

次は塗装ブースとMDFボードを固定していきましょう。

塗装ブースと加工したMDFボードを合体させる

塗装ブースを集塵機に改造

ティッシュとか大きい物を誤って吸い込んだ時や、塗装ブースを掃除したりするとき簡単に分解できるよう、固定には「結束バンド」を使うことにしました。

結束バンドを取り付けるにあたってΦ5mmの穴を4箇所に開けました。

塗装ブースを集塵機に改造

取り付けに関してもう一つ。塗装ブース側とMDFボードの隙間があったので、そこから余計な空気を吸い込んだりしないようシリコーン樹脂で埋めることにしました。

使ったのはチューブタイプのシリコーン樹脂「バスボンド」です。

塗装ブースを集塵機に改造

反対側のMDFボードにはシリコーン樹脂が引っ付かないように養生テープで保護します。

塗装ブースを集塵機に改造

シリコーンが乾かないうちに2つを結束バンドで固定します。シロッコファンの内側からはみ出た余計なシリコーン樹脂は綿棒やティッシュで拭き取っておきましょう。

それから、結束バンドの余った部分もニッパーで切り離しておきましょう。

アルミダクトを取り付ける。

塗装ブースを集塵機に改造

MDFボードとアルミダクトの接続には「エアコンキャップ」を使いました。丁度いいサイズのが部屋の床に転がっていました。

使用するアルミダクトがΦ75mmなのでそれに対応したサイズのエアコンキャップを手に入れましょう。

接着には「スーパーXゴールド」を使いました。プラスチックと木の板が強力に接着できればなんでもいいです。

アルミダクト

塗装ブース側も加工しましょう。

アルミダクトがΦ75mmに対して、塗装ブースの排気口の径はΦ70mmくらいと細いので、このままの状態ではかなりガバガバです。

ガムテープで太く

なので、簡易的ではありますが布テープを排気口のダクト全周に巻いて太らせました。

これでしっかりハマります。

余った端材で足を作る

MDF端材

そのままの塗装ブースでは安定性に欠けるので足を作ります。使うのはMDFボードを加工した端材です。

塗装ブースを集塵機に改造

これもゴム系接着剤の「スーパーXゴールド」で固定します。

接着剤が完全に硬化するまで数時間かかるのでここで一旦作業ストップです。

塗装して見た目を統一する

塗装ブースを集塵機に改造

接着剤が固まったらブラックのスプレーで塗装して統一感を出してみましょう。

「塗装をすることで集塵機の性能が大幅に上がる」という事は無いですが「見た目が綺麗かどうか」というだけの問題です。気にならないひとは塗装しなくてもいいです。

使用したのはホームセンターで1本300円くらいで売られているラッカー系のスプレー「フラットブラック」です。これも部屋に転がってました。

フラットブラック塗装

完成度を気にするようなプラモデルとは違うので、液垂れも厚塗りも気にせずブワーッと吹きます。

塗料が乾燥するまで、また数時間置いておきます。

アルミダクトの取り付け

アルミダクト接続

集塵機の本体ができたらアルミダクトの接続をしましょう。

粉を吸い込んで排気する側を窓に接続します。私の場合「ネロブースの排気ダクト」を取り付けている関係で窓が全面スタイロフォームになっているので接続も簡単でした。

そして接続する窓にも注意が必要です。窓の外に「他人の家・敷地」がある場合はやめておいたほうがいいです。排気口からはそれなりに細かい粉が出るので近隣の方に迷惑がかかります。

私がネロブースや集塵機を接続している窓の外は、自分の家の敷地内かつ自分の車が駐めてある駐車場です。(駐車場の奥も家があるわけではなくそのまま道路になっています。)

集塵機をたくさん使った作業の後は、黄砂のような細かい粉が車に付いていたりします(笑)自分の車なのでいいですが、これが他人の車なら大問題ですので取り付ける位置には十分注意しましょう。

吸入口の先端のキャップ

ダクト入り口

手元に設置する吸入口のほうには「レジスター」と呼ばれているフタのできるタイプのエアコンキャップを取り付けます。写真のは近所のホームセンターにて500円くらいで購入したものです。

中央のツマミを回すことで、吸入口の開・閉の操作ができます。

使用しない時は「閉」にしておけば、吹き返しで集塵機から風が入ってくることも無く、さらに外からの虫の侵入も防げます。使用するときだけツマミを回して吸入口を開いて使います。

「集塵機」完成しました。

集塵機の全体

これで完成です。私の環境では集塵機本体は邪魔にならない棚の上に設置して、吸入口のアルミダクトを手元まで伸ばすことで対応させてます。

集塵機のファン自体も遠くに設置しているので、駆動音に関しても何も加工していない初期の状態よりも静かに運用できるようになりました。

というわけで「塗装ブースを改造して集塵機を作る」という記事でした。

それでは。