【ガンプラ工具】プロモデラーが本気でオススメする「スジボリ工具」5選

スジボリ道具 アイキャッチ

ガンプラを改造したことがある人は、誰しもが一度は挑戦して、苦い失敗を経験してしまうスジボリ作業。

苦手意識を持っている方も少なくはないと思います。

なので今回は、「より簡単で綺麗にスジボリが出来る工具」について5種類ほど紹介したいと思います。

それぞれの使い方が違ったり、得意不得意があるので、これを機に自分に合った道具を選んでみてはどうでしょうか

スジボリに使用する工具

スジボリ 道具 5種類

こちらが、今回紹介するスジボリ道具です。

左から順番に、

  • けがき針(ニードル)
  • タガネ
  • エッチングのこ
  • スジボリ用目立てヤスリ
  • デザインナイフ

になります。

それでは順番に説明していきましょう。

けがき針【ニードル】

スジボリ道具 けがき針

けがき針(ニードル)は先端が「針」になっているスジボリ道具です。

この針の先端でパーツにV字の溝を掘ってスジボリを作ります。

スジボリ けがき針 先端 針

先端が針なので、この工具自体には進行方向はありません。どの方向に動かしても使うことができます。

全方向に対応可能なので、他のスジボリ工具では苦手な「曲線」「円」などのスジボリを得意とします。

スジボリ けがき針 曲面

もちろん真っ直ぐな直線のスジボリも可能です。

彫る時はガイドとなるテープやプラ板などを用意してスジボリ作業しましょう。

▼スジボリのやり方については別の記事で紹介してるので参考にして下さい。

【ガンプラ改造】タガネや針を使用してスジボリを入れる方法

 

ニードルは昔から使われているスジボリ工具の1つなので、模型メーカーから沢山の種類のけがき針が発売されています。

私が愛用しているけがき針はハセガワトライツールのモデリングスクライバー」とシンワの「ペンシル型のけがき針」です。

私がメインで使っているのはシンワの「ペンシル型けがき針」です。

モデリングスクライバー」は値段が少し高いですが、先端の精度が高く、軸の太さ、針の重さが丁度良く、手によく馴染むので非常に使いやすいです。

また、パッケージ内に「研ぎ直し用の砥石」も付属しているので、針の先端が摩耗してきてもその砥石を使って自分で研ぎ直しをすることが出来ます。

針の本体もボディがグリップのゴムと金属の一体成型の針だけなので、汚れてもメンテナンスがし易いという特徴もありますね。

 

 

愛用しているもう一本の、シンワの「ペンシル型のけがき針」についでです。

実はこれ、元々は模型用の工具ではなく、鉄などの鋼材に印をいれるための工具なんです。

なので、模型店ではなく、ホームセンターなどで手に入れることができます。

 

 

ニードルの先端には、鋼材に印を付けれるように「超硬」という素材が部分に使われています。

超硬とは、主に金属を加工するための刃物などに使用されている合金です。なので普通の金属とは比べ物にならないくらい硬い金属です。

なので、プラスチック相手で使用していても摩耗して針の先端がダメになることが殆どありません。

万が一針が折れたり、摩耗してしまった場合でも、替芯が2本セットで売っているので比較的安価で針を交換することも可能です。

模型で使用するときも「針の硬さ」「針先の鋭い角度」を生かして簡単にシャープなスジボリを作ることができます。

 

BMCタガネ・スジ彫りカーバイト

スジボリ 道具 タガネ

写真の左が、ファンテックの「スジ彫りカーバイト(0.5mm)」
残りの3本はスジボリ堂の「BMCタガネ」です。

 

タガネとは元々、金属や岩石を削るノミのような形の工具の名称です。

そのタガネという工具を、模型サイズにまで縮小してスジボリ道具にしたものが模型用として売られています。

 

先端の形状は 「スジ彫りカーバイト」「BMCタガネ」 共に、鋭い平ノミのようになっていています。

先端の刃でパーツをなぞってスジボリを作ります。

刃先には超硬(タングステン鋼)が使われていて、耐摩耗性に優れています。

※超硬は粘りのない金属なので、こじったり下手に力がかかってしまうと簡単に折れてしまうので、取り扱いには十分注意しましょう。

スジボリ 道具 タガネ 先端

タガネの最大の特徴は、「刃先の幅にバリエーションがある」という事です。

細いスジボリには幅0.1mmを使用して、幅の広いスジボリを作りたい場合は、0.5mmや1.0mmという太い幅のタガネを使用します。

太さの違うスジボリを可能にすれば、ディティールアップの表現の幅も格段に広げることが出来ます。

 

スジボリの他にも、彫刻刀のように使用することもできます。

BMCタガネでは、いちばん太い幅で「4.0mm幅のタガネ」を作っています。

スジボリ作業ではあまり使う機会は無さそうですが、「超精密な平ノミ」として一本持っておくと結構使えて便利なのでオススメです。

 

スジボリ道具:エッチングノコ

スジボリ 道具 エッチングノコ

 

これは、雲母堂本舗(きららどうほんぽ)から発売されている「ライナーソー」というデザインナイフに装着できるタイプのエッチングノコです。

ノコ状になったパーツを中心に、その側面を2枚でノコ部を挟み込んで刃の強度を確保している、という構造をしています。

スジボリ 道具 エッチングノコ 刃 分解

実は私がスジボリをする際には、この道具の出番はあまり無いんです。

何もないパーツにスジボリを入れる時は、「タガネ」や「けがき針」のほうが圧倒的に使いやすいですよね。

 

ですが、この道具がどのスジボリ道具より優れているところがあります。

ガンプラを改造したとき、元のプラスチックのパーツにパテや瞬間接着剤を使って改造したり、上からプラ板を接着したりしますよね。

そのパーツには必ず、元のパーツの「プラスチック部分」と、改造で使った「パテ・瞬間接着剤」といった違う素材の境目ができているはずです。

このような、硬さや粘りの違う材料同士のスジボリを綺麗に彫ることが出来るのが、このエッチングノコです。

細かいノコ刃のお陰で、違う素材同士の境目で引っかかることがほぼ無く安定したスジボリが行えます。

 

これを、タガネやけがき針でスジボリをした場合、必ずと言っていいほど境目で引っかかり、その部分だけ荒れたスジボリになってしまいます。

 

 

スジボリ道具:目立てヤスリ

スジボリ 道具 目立てヤスリ スジ彫り用ヤスリ

ゴッドハンド GodHandから発売されている「スジ彫りヤスリ」です。

ホームセンターなどで売られている目立てヤスリは、薄っぺらい菱形の金属ヤスリでもっとサイズが大きいものが多いですが、コチラはスジボリ専用に開発された極小の目立てヤスリです。

 

もちろん、普通の目立てヤスリも、昔から模型のスジボリ道具といて有名でしたが、ガンプラで使用するぶんには大きすぎて使う人は少なかったです。

そこで、ゴッドハンドが「もっと精密なスジボリ専用の目立てヤスリがあれば」ということで開発したのがこの工具です。

このスジ彫り用ヤスリは目立てヤスリとは少しだけ違うところがあります。

スジボリ 道具 目立てヤスリ スジ彫り用ヤスリ 先端

この目立てヤスリは、より細いスジ彫りが出来るように、片面にしかヤスリの刃をつけていません。

片側にしかヤスリ目が付いていないので、けがき針やタガネで彫ったのと同等レベルの細いスジボリが作れるようになっています。

 

さらに、先端の角が落としてあり、視認性が非常に良くなっています。

ヤスリの刃の向きに関しても、スジボリをするときに引っかかりにくいような角度で付けられています。

このあたりもスジボリ工具として使いやすいようにちゃんと考えられているんですね。

 

そして、先ほど説明したエッチングノコと同じように、プラスチックとパテという色んな種類の素材が混在するパーツにも綺麗なスジボリを作ることも可能です。

良いところばかりの「筋彫りヤスリ」ですが、やはり、一番のネックとなるのはこの工具の値段ですよね。

妥協を許さない完璧なクオリティの工具ではありますが、職人さんが1本1本手作りしているだけあってそれなりの製造コストがかかっているのでしょう。

 

ですが、値段以上の使い心地、安定した品質、スジボリのクオリティは他の工具には出せないものがあるので、買って後悔することはまず無いでしょう。

お財布に少し余裕があるという方、ガンプラ改造の質を上げたいという方には是非使って欲しい工具ですね!

 

スジボリ道具:デザインナイフ

スジボリ 道具 デザインナイフ

最近では、100円ショップでも見かけるようになった普通のデザインナイフです。

スジボリとなると、けがき針やタガネという「専用の工具」に目が行きがちですが、実はこのデザインナイフでもスジボリをすることは可能なんです。

 

隅になっている箇所に刃の先端を突き立てて、ゆっくり横に移動させて削ればスジボリをすることが可能です。

スジボリ 道具 デザインナイフ 作業

先端は鋭く尖っていて綺麗なV字の溝が彫れるため、スミ入れしたら見た目の太さよりも細くてシャープな線を作ることが出来ます。

ただし、気軽にスジボリが出来る反面、直進性が殆ど無いのでブレやすいです。

それから、ガイドを作ったスジボリも不得意ですね。先端が鋭い刃物なので柔らかい塩ビのガイドテープでは食い込んでしまっうのであまり使えません。

 

しかも、ナイフの刃の先端は非常に脆くデリケートなので、少し力を入れすぎただけでも折れたりしてスジボリには使えなくなってしまいます。

デザインナイフを使用してスジボリをする場合は角度のあるL字の隅や、元々スジボリがされているところの彫り直しという軽作業を得意としてます。

ガンプラを作っている人なら殆どの人が持っている工具だと思うので是非挑戦してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スジボリ道具というワード中にも様々な道具の種類があり、使い方も違えば形も様々です。

今回紹介した5種類の道具のすべてが「スジボリ」という同じ作業で使う道具というのも模型工具の面白いところであります。

「けがき針を使ったけど上手くスジボリできなかった」という人も、それ以外の道具なら、自分と相性が良くて綺麗ななスジボリが出来るようになるかもしれません。

 

弘法筆を選ばず ということわざもありますが、私は絶対いい道具を使ったほうがいい作品を作れるといつも思っております。

下手な道具で上手い人もいると思いますが、それは長年培ってきた技術や慣れがあるからだと思います。

現在は、そんなことしなくても、誰でも簡単にスジボリが出来るような便利な工具がたくさん売られています。

良い道具を使うというのは、上手な作品を作れるようになる一番の近道です。

 

これを機に、使ったことのない新しいスジボリ工具に挑戦してみるのも面白い発見があるかもしれませんよ。

それでは。

 

 

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします。