シリコーン型でのレジン漏れをふせぐ小技!タミヤ角棒を使った「漏れ止め」の作り方の紹介

アイキャッチ

こんにちは。柚P(@Nitori_cucumber)です。

ガレージキット製作で何度か自作のシリコーン型を使用して複製をした経験のある方なら、1度は「型からのレジン漏れ」で悩んだことありますよね。

レジン漏れが起きてしまうと、型の中のレジンが外へ出て無くなってしまい、まともにパーツが出来ないどころか、レジンが硬化するまでその型は使えない、使用したレジンが無駄になる、と悪いことばかりです。

一般的に知られているレジン漏れの対策としては「シリコーン型の余白を広めにとる」というのが有名ですよね。

しかし、個人で複製をしている方は、金銭面での負担を増やしたくない、シリコーンを大量に使用したくない、という理由でシリコーン型にパーツを詰め込んでしまい「余白がほとんど取れていない」という型になってしまいがちです。

この記事では、私がいつもやっている「シリコーン型の余白が小さくてもレジン漏れが少なく出来る小技」を紹介しようと思います。

シリコーン型の製作時に施すタイプ小技なので、これから型を作るという時に参考にしてみてください。

レジンが漏れる理由とその対策について

シリコーン型の漏れ

まず、シリコーン型の図から見てみます。今回は最も一般的な「常圧の2面型」で説明をしていきます。

下側にレジンが流れる湯口があるシリコーン型と考えてください。

シリコーン型の常圧2面型の製作については【フィギュア複製を徹底解説!ガレキの原型パーツを粘土埋めしてみよう!】や【フィギュア複製を徹底解説!シリコンを使ってレジンを流す型を作ってみよう!】の記事を参考にしてみてください。

シリコーン型の漏れの原因

左の図が「レジン漏れ未対策の型」。右の図が「レジン漏れ対策済みの型」です。

シリコーン型を使用した量産をしたことのある方ならなんとなく想像出来ると思いますが、シリコーン型は使用を続けていくうちにゴムが劣化してきて型の端が反ってきます。

シリコーン型自体はゴムのような軟質な素材なので、2面型を締め付ける力をさらに強くすれば強引に反っている部分の隙間も埋めることが出来ます。しかし、締め付ける力を強くしすぎると、通常の力でぴったり閉じている型の中央の部分にも余計な力が加わり「型ずれ」や「形状不良」にも繋がります。

なので、適度なクランプ力で使用でき、隙間からの漏れにも対応した型を作る必要があります。

ここで、右側の「レジン漏れ対策済みの型」の見てみましょう。

シリコーン型の漏れ対策

少し大げさな図ですがこんなイメージです。

湯口の下側に「四角」の漏れ止めを設置した型です。

クランプでの横方向の力が弱く、型の合いの部分で隙間が出来ていても「漏れ止め」をつけていれば、クランプ方向と直角に働く「縦方向」でシリコーンが噛み合っているので下側からレジンが漏れるのを防いでくれるという仕組みです。

次はこの漏れ止めをどうやって作るかについて説明していきましょう。

スポンサーリンク

レジンの漏れ止めの作り方

シリコーン型の漏れ対策

作り方はとても簡単です。

私がよく使用しているのは「タミヤの3mm四角棒」です。角棒の太さも特にこだわりは無いですが、漏れ止めの役目として使うのには3mm以上が望ましいと思います。

あまり細い角棒だと縦方向の噛合が弱そうなので・・・

この角棒をシリコーン型を製作する「粘土埋め」の段階で、下側に配置しておきましょう。

コの字型でも、全周でも何でもいいと思います。「ここから漏れそうだな」というラインで繋げて配置しましょう。

シリコーン型の漏れ対策

そして、片側にシリコーンを流して粘土を取り除きましょう。

ここで忘れてはいけないのが「片側流した後に漏れ止めの角棒を取り除いておく」という事です。

これを忘れてたら漏れ止めの意味が無くなります。漏れ止めとして配置していた角棒のところに四角い穴が出来てしまい逆にレジンが漏れやすい型になってしまいます。

漏れ止めの角棒を取ったら、反対側にシリコーンを流して型を完成させましょう。

シリコーン型の漏れ対策

この様に、片側に「凸」もう片方に「凹」が出来ていたら成功です。

実際の「レジンの漏れ止め」の効果について

シリコーン型の漏れ対策

実際に「漏れ止め」を設けているシリコーン型で複製した型を確認してみます。

この型も下側に「コの字」の漏れ止めを作っています。

シリコーン型の漏れ対策

漏れがわかりやすいように、パーツを型から少しだけ剥がした状態で撮影してみました。

湯口の周りから漏れたレジンがバリになっているのが分かりますでしょうか、しかし漏れ止めを設けている部分からバリは無くなっています。

つまり漏れ止めの位置でレジンが止まっているという事ですね。

作りたてのシリコーン型では歪みは少ないのでレジン漏れは起こりにくいですが、使用を続けて型が歪んできた後半戦でこの漏れ止めがかなり活躍してくれます。

シリコーン型の製作で失敗して「シリコーンゴム」「レジン」「時間」を無駄にしないよう、このような保険をかけておく事で安定した複製ができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シリコーン型を上手に作るのには沢山の知識や経験が必要です。実際に私もシリコーン型製作で色んな失敗をしてお金と時間を無駄にしています。

ですが「失敗したからダメ」という考え方ではなく「失敗したから次はどうすればいいのか?」を考える事で、この様な小技を見つける事も出来るようになるのではないでしょうか?

この記事以外でも、シリコーン型を上手に作る小技をネットで公開っている人はたくさんいると思います。

人の話やネットから色んな知識を知り、複製の経験を積んで、上手なシリコーン型を作れるようになりましょう。

それでは。