模型メーカーが販売している「サーフェイサー」の種類を徹底比較!

 

クレオス、タミヤ、ガイアノーツect…と沢山の模型メーカーからサーフェイサーを販売している現在、実際にどんなサーフェイサーがあり、何がどう違うのか、使ったことがない人は全くわからないですよね。

基本的な用途は同じですが、メーカーごとに特性や使い心地が微妙に違います。

「プライマーが入っているかどうか」「色」「キメの細かさ」「削り心地」「隠蔽力の強さ」など、違いは様々です。

というわけで、今回はメーカーごとに販売している「サーフェイサー」の種類と特性の違いについて詳しくまとめてみました。

 

クレオス Mr.サーフェイサー

 

Mr.サーフェイサー

ラッカー系のサーフェイサーです。

Mr.サーフェイサーのシリーズには、「缶スプレー」のタイプと、希釈してエアブラシなどでしようできる「瓶タイプ」の2種類があります。

模型店でも手に入りやすく、最も馴染みのあるサーフェイサーですね。

 

そのほか、番手の種類もいくつかあり、大きい傷が埋められる”500”から、更にキメの細かい、”1000”、”1200”、”1500”がでています。

 

色のバリエーションも豊富で、「ライトグレー」「ホワイト□」「ブラック」「オキサイドレッド」「マホガニー」があります。

 

個人的に感じている特性としましては、

  • 通常のMr.サーフェイサーは表面処理で削る時は粘っこく目が詰まりやすい。
  • ライトグレーの隠蔽力は他のメーカーに比べて少し低め。
  • ”Mr.フィニッシングサーフェイサー1500ホワイト”は隠蔽力も高くて使いやすい。

という感じです。

 

値段も他のサーフェイサーに比べて安いので、初めてサーフェイサーを買う人にも手が出しやすくていいですね。

 

Mr.プライマーサーフェイサー

コチラも同じくラッカー系のサーフェイサーです。

通常のタイプとは違い、「プライマー入り」なので、エッチングパーツなどの金属パーツを始め、レジンキット、パテ、など様々な素材で使える万能タイプのサーフェイサーです。

缶スプレータイプと、瓶タイプがあります。私は瓶のものしか使ったことがありません。

このサフで感じた特徴としては、塗料の乾燥後、塗膜がパリッと固まるので表面処理のときの削り心地が良い。という所です。

実は私にも、このMr.プライマーサーフェイサーをずっと使っている時期がありあました。現在はガイアのサーフェイサーエボ一筋ですが・・・

 

タミヤ サーフェイサー

ファインサーフェイサー

▲ファインサーフェイサーを塗装したプラモデル

 

タミヤから販売されているサーフェイサーです。コチラも缶スプレーと瓶のタイプがあります。

ファインサーフェイサーという名前が付いていますが、使った感じ、塗料のキメがすごく細かいという感じでは無さそうです。感覚的にはクレオスのサーフェイサー1000と同じくらい?

それから、「塗料の乾燥が気持ち早いかな」とも感じました。サフが乾いたあとの表面はツヤ消しになってました。

色のバリエーションには、「ライトグレー」「ホワイト□」「ピンク」「オキサイドレッド」がありました。

 

スーパーサーフェイサー

タミヤが販売している「プライマー入り」のサーフェイサーです。

名前にスーパーなんて付いていますが、普通のプライマーサーフェイサーですね。

金属やレジン、パテのパーツを相手にしても、それなりに定着してくれます。

もちろん、プラスチック相手にも普通に使うことができますよ。

 

ガイアノーツ サーフェイサー

 

サーフェイサーエヴォ

▲サーフェイサーエヴォを塗装したプラモデル

 

ガイアノーツが販売しているのは、瓶タイプでラッカー系のサーフェイサーです。

色のバリエーションは、「ライトグレー」「ホワイト□」「ブラック」「オキサイドレッド」「フレッシュ」「シルバー」があります。

サーフェイサーエヴォの特徴は、

  • 乾燥した塗膜はパリッとしているので表面処理のときに削りやすい
  • どのカラーも隠蔽力が非常に高い
  • プライマー入りなので、レジン、パテなど素材を気にせず何にでも使える
  • 50mlの大きな瓶に入っているのでなんとなくお得感がある。

があります。

 

瓶タイプ以外にも、スプレー缶のサーフェイサーエヴォもあります。

スプレー缶タイプの方は、カラーラインナップが非常に豊富で、

  • グレー
  • ホワイト□
  • ブラック
  • ピンク
  • ライトブルー
  • クリームイエロー
  • フレッシュ
  • ダークグレー

の8種類があります。

ライトブルーやクリームイエローの色のサーフェイサーはかなり珍しいですね。使う場面は少ないかもしれませんが、ピンポイントでこの色がほしい方にはありがたいですね。

容量は200mlで、値段が1200円と少しお高めです。

 

NAZCAメカサフ・ピンクサフ

▲メカサフ【ヘヴィ】を塗装したプラモデル

 

これもガイアノーツが販売しているサーフェイサーの一つです。

原型製作や模型誌でのプロライターとして活躍している「NAOKI」氏がプロデュースしている「NAZCA」というブランドの商品です。

 

「メカサフ」のコンセプトとしては、

”色をそのまま使えるサーフェイサー”

として開発されています。例えば、ガンプラの関節などのメカ部分の塗装を、今までなら

表面処理→サーフェイサー(ライトグレー)→基本色(グレー)

だったのを、メカサフを使えば、

表面処理→サーフェイサー(グレー)

という感じでサーフェイサーの色を関節色にそのまま使えるので工程が少なく済む、という荒業を出来るようにしたのがこのメカサフです。

 

ライトグレーの特性(キズや形状の確認)を無くす代わりに、ガンプラなどのキャラクターメカに使いやすいようなカラーにしてある。

もちろん、色は違えど、成分はサーフェイサーと変わりないので、キズ埋めで塗膜を均等にする効果や、プライマー入りなので塗料の剥がれ・擦れにも強い、という特性もそのまま使えます。

色のバリエーションには、グレーが何種類かあり、「ライト」「ヘヴィ」「スーパーヘヴィ」があります。

 

他にも「NAZCA」ブランドの中には、「ピンクサフ」もあります。

こちらはメカサフみたいな用途での使用方法ではないです。

赤や黄色といった、隠蔽力の弱い塗料を綺麗に発色させるための専用の下地塗料です。

 

造形村 GKサーフェイサー

ボークスで購入できる造形村のサーフェイサーです。

プライマー入りのサーフェイサーなので、ガレージキット(レジン)を始め、金属、フィギュア、ドール、と幅人い素材に対応します。

 

残念ながら、プラモデルで一般的に使われているプラスチック(PE)や、ソフビには対応してないので注意してください。

強い溶剤が使われているため、プラモデルで使用してしまうと、シンナーの溶解力でパーツ表面が溶けてしまう恐れがあります。

 

プラモデルで使用できない代わりに、ガレージキット(レジン)などの下地塗料としてはかなり評判がいいです。

色のバリエーションは、「グレー」「フィギュア用はだ色」「ブラック」「ホワイト□」「クリアー□」があります。

クリアーのサーフェイサーがあるのはとてもポイントが高いですね。

 

美少女フィギュアの塗装では色付きのサーフェイサを使わない「サフレス塗装」が良く使われます。

サフレス塗装とは、サーフェイサーを塗装せず、ガレージキットの素材(ホワイトレジンなど)の透明感を生かして、クリアーオレンジやクリアーイエローを混色した塗料で肌の色を塗っていく技法です。

もちろん、レジンにそのまま普通の塗料を塗っても剥がれてくるので、下地塗料は必要になります。そこで使われるのが、こういった「透明な下地塗料」というわけです。

他にも、サーフェイサーではないですが、透明な下地塗料で「ミッチャクロン」というのがあったりもします。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

私も、色々なサーフェイサーを使いましたが、「これが一番」というのは無く、それぞれに特化した部分が必ずあります。

その中で、自分がいちばん汎用的に使いやすいサーフェイサーを見つけて、それをメインとして使っていくという感じで運用しています。

 

自分の使いやすいサーフェイサーを見つけるのに、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします。