知らずに使ってない?「サーフェイサー」を塗装することによって得られる本当の効果とは

サーフェイサー

ガンプラの塗装をしていたら「サーフェイサー」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?

サーフェイサーというのは、プラモデルの塗装をする前に施工する「下地塗料」となるものです。

模型用だけでも、各メーカーから様々な種類が販売されていますね。

今回は、サーフェイサーの基本的な「効果」について解説していきます。

サーフェイサーの効果

 

細かいキズ消し

サーフェイサーの成分には、ラッカーパテなどにも使われているタルクのような粒子の大きい特殊な顔料が含まれています。

粒子の大きい顔料が使う事によって、サーフェイサーを塗装した時にパーツ表面の”細かいキズ”を埋める事ができます。

 

▲クレオスのサーフェイサーなど、ものによってはサーフェイサーのキメの細かさを表す番手が表記されているものがあります。

この番手は「サーフェイサーのキメの細かさ」を表しています。

この数値が高くなればなるほどサーフェイサーのキメは細かくなります。

 

500>1000>1200>1500

 

  • サーフェイサー500は、溶きパテのように粘度が高く、大きい傷を埋めるのに適しています。逆に塗りすぎてしまうと塗膜が厚くなりすぎたり、エッジが塗膜により丸くなってしまう恐れがあります。
  • サーフェイサー1500なんかは、キメが非常に細かく、光沢塗装の平坦な下地づくりなんかに適しています。逆に、表面の小キズを消す能力はそこまでありません。

 

このように、「どのくらいの傷を消すのか」「表面の仕上がり」を意識してサーフェイサーを使い分けるといいと思います。

 

塗料の食い付きを良くする

サーフェイサーには、上に塗った塗料を剥がれにくくする効果があります。

と言っても、サーフェイサーを塗装していれば「絶対に剥がれない」ということは無いので過信しすぎないようにしましょう。

サーフェイサーの中には、プライマーを配合して定着力を高めた商品もあります。プライマー入りのサーフェイサーのことを、「プライマーサーフェイサー」とも呼びますね。

プライマーが入ることによって、「レジン(無発泡ウレタン樹脂)」や「エッチングパーツ(真鍮やステンレス)」の塗装にも対応ができます。

 

色を統一させる・パーツの透けを無くす

サーフェイサーは隠蔽力のとても高い塗料です。

この特性を使って、ガンプラの全塗装の前に全体の色を統一させたり、プラスチック特有の光の透けによる「安っぽさ」を消すことが出来ます。

 

例えば、黒の成型色のパーツを赤く塗り替える塗装をするとします。サーフェイサー無しで赤の塗料を塗ろうとしても、赤の塗料は隠蔽力が殆ど無いので綺麗に発色してくれません。

そこで、赤の塗装前に、【 黒(成型色)→サーフェイサー→赤 】と、基本塗装の前にサーフェイサーを挟んでやることにより、本来塗りたい”赤色”を綺麗に発色させることが出来ます。

それ以外にも、サーフェイサーを塗装することによってプラスチックの安っぽさを消すことも出来ます。

ガンプラやスケールモデルという「ロボットやメカ」には効果絶大です。

逆に、美少女フィギュアやFA:Gの様な、「透明感が無くなると不自然になる人肌」とかは、サーフェイサーを塗装しないほうが自然に仕上がったりもします。

 

キズや形状の確認がしやすくなる

サーフェイサーは基本的には「ライトグレー」の色をしています。

不透明のライトグレーで塗ることで、パーツの凹凸の陰影がしっかりついてくれるので、目視での細かいキズや形状の確認がしやすくなります。

それから、プラ板やパテなんかで形状変更や改造をしたあとのパーツは色んな色がごちゃ混ぜになってたりします。そういったパーツの形状確認をするために、一度サーフェイサーを塗装することによって色を統一させるという使い方もします。

 

最近はライトグレー以外の色のサーフェイサーもいくつか出ているので、「キズの確認がし易い」というのはすべてのサーフェイサーに言えることではないです。

ライトグレー以外の色には、「ホワイト」「ブラック」「ダークグレー」「オキサイドレッド」「フレッシュ」「ピンク」「シルバー」などがあります。

 

スポンサーリンク

サーフェイサーってみんな使ってるけど塗装前に必ず塗らないといけないの?

大抵のモデラーが塗装前に当然の儀式のように、サーフェイサーを塗装を行っていますよね。

プラモデルを知らない人からすると、「なんで成型色と同じ色を塗るのに一度全部グレーにしてるんだろう。無駄な作業では?」なんて思ってしまいがちです。

ここまでの記事を読んでくれた人なら、なんとなくでも「サーフェイサー」の役割が理解出来たと思います。

 

意外にもサーフェイサーの「パーツの透明度を無くす」「傷を埋める」「塗料の定着力を高める」という効果を知らずに使っているモデラーも少なくはないようです。

「捨てサフ」と言って、どこまで表面処理をしたかを確認する為に、とりあえずサーフェイサーを塗装して表面処理を始める人もいます。

では「捨てサフ」は本当にサーフェイサーでする必要はあるのでしょうか?

サーフェイサーには、キズのや形状確認がし易いという効果があります。

ですがそれ以外にも、溶きパテのような性質もあり、分厚い塗膜を整形して細かい傷を埋めるという効果もあります。

塗装すればするほど、表面処理では行き届かないような「スジボリ」や「モールド」、「パーツのエッジ」がどんどん丸くなっていきます。

つまり、精度の高いプラモデルを製作するためには、サーフェイサーは出来るだけ使わない方がいいというわけです。

キズや形状の確認なら、ライトグレーの普通の塗料を使えば同じ効果が得られますし、細かいパーツ表面のキズについても、1000番まで細か目の紙やすりを使って表面を整えてあげればサーフェイサーを使わなくても基本塗装だけでヤスリのキズは消えてくれます。

塗料の定着力に関しても、実は模型用塗料自体にもプラスチックの表面をほんの少し溶かしてパーツ表面に密着してくれる能力があったりします。(一部、合成樹脂が殆ど配合されていないようなメタリック系塗料などは別です)

時間さえかければプラモデルにサーフェイサーを塗装するというのはそこまで重要ではない、という考え方もできます。

もちろん、サーフェイサーを使わないことが正解という訳ではありません。簡単にキズが埋められて、ついでに色も統一でき、塗料の食い付きを良くしてくれる、という一石二鳥にも一石三鳥にもなる便利なマテリアルには代わりありません。

サーフェイサーの特性をちゃんと理解した上で、

  • 塗料の定着力が弱い物を使うので。
  • マスキングテープを貼るので定着力は出来るだけ強い方がいい。
  • 表面処理は400番までしかしてないのでサーフェイサーなしだと傷が出てしまう。1000番まで磨いてる時間が無い。
  • 隠蔽力の低い塗料を使うので下地の色をライトグレーに統一したい。
  • プラスチック以外にもパテ(エポパテ・ポリパテ)を使っているのでプライマーを使わないと塗料が定着しない

 

というような上手な使い方をしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レベルの高いプロモデラーの方なんかは、わざとサーフェイサーの塗膜の厚さを利用して「船の甲板のモールド」や「飛行機の金属製の羽の凹凸」を作り込む技法を使っていたりもします。

こういった、自分が使用しているマテリアルの特性を知ることで、より深い理解を得られる以上に、そこからその特性を使って他にどんな応用ができるか?などにも繋がってきます。

プラモデル作りには考える力や持ち合わせの”センス”も必要ですが、それ以上に、使う道具や素材に関する技術と知識も非常に重要になってきます。

小難しい話ではありましたが、こういった知識一つ一つが今後の模型製作で役に立っていくと思います。

この記事があなたの模型製作のお役に立てれば幸いです。

それでは。