今月のブログには書けないシリーズは「複雑な形状をした大伴デカールの貼り方」です! 詳しくはこちらから ▶▶

極小パーツを確実に掴むために開発された「高級ピンセット」おすすめ4選!

プラモデルにシールやデカールを貼ったり、細かいパーツを取り付けたりする時にあると便利な「ピンセット」という工具。

このピンセットは、身近なところだと100円ショップやホームセンターなどで格安で手に入れることもできますが、物によっては数千円という高級なピンセットもあります。

小さいものを掴む事に特化した工具なので「先端が細くて尖っているものが一番いいのでは?」と思っている人も多いと思います。先端が尖っているというのもいいピンセット一つのポイントですが、それ以外にもいくつかのポイントがあります。

ピンセットを構成している「金属の硬さ」「先端形状」「バネの強さ」「表面処理」などなど。値段の安いピンセットだと、この全ての性能に満足いくものは殆どありません。

だからと言って、いきなり使ったことも無いような値段の高いピンセットを買うには少し勇気がいると思いますので、今回は私の使ったピンセットの中で使いやすくオススメできる物をピックアップして紹介してみたいと思います。

タミヤ 精密ピンセット ツル首タイプ

  • 値段 1500 円

タミヤから販売されている、「精密ピンセット(ツル首タイプ)」です。

かなり昔からあるピンセットで、値段も1000円台の安いピンセットにしてはかなり高品質な作りをしています。

紹介するピンセットの中では、このタミヤ精密ピンセットが一番コストパフォマンスが高いと言えます。

ピンセットのグリップ部の板は、かなり分厚くなっています。なので、強い力で握ってもピンセット先端が極端に歪んだりせず、パーツを安定して掴めます。

バネの反発力は、バネ板の部分だけ薄く加工されているので、パーツを摘む時のバネが硬すぎて握るにの力が必要という事もありません。バネは非常に握りやすい力に調整されています。

タミヤ製品なので取り扱っている模型店も多く、初めて高級ピンセットに手を出してみたい、という人にもオススメできます。

ただし、安い分、気になる点もあります。

金属自体の硬度はそこまで無いので、ピンセットを床に落としたり、変な力が加わったりすると、ピンセットの先端が曲がってしまう恐れがあるというところです。万が一、ピンセットの先端が曲がってしまった時は、落ち着いて、曲がった先端を元の形に戻して修正してやりましょう。

スポンサーリンク

ハセガワ トライツール 極細ピンセット

  • 値段 3200円

ハセガワが販売しているトライツールの「極細ピンセット」です。

値段が3200円と、一気に高くなりましたが、これが模型ユーズでは使いやすくてオススメできるピンセットなんですよね。

ピンセットの先端形状はストレートタイプなので、裏表無く使うことが出来ます。ストレートタイプのピンセットは、パーツを掴んでいる最中に向きを変えたりしても、ピンセットの軸は変わらないので、安定した作業が行なえます。

艦船模型やカーモデルなどのエッチングパーツの貼り付け作業などの、細かい工作に向いています。ちなみに、ハセガワのHPでは、先端厚、材質、板厚、等の情報も見れます。

板厚は、見た感じだとタミヤの精密ピンセットよりも薄く作られています。ハセガワのHPでは、板厚は1.5mmと記載されていますね。素材はスレンレスで、クロムやカーボンも含まれている、かなり硬い合金で作られているようです。

ピンセットの先端も、ちょっとやそっとじゃ曲がらないような硬度があるので、力の必要な作業でも安心して使用できます。

ゴッドハンド パワーピンセット 先細

  • 値段 2700円

アルティメットニッパーで有名な、ゴッドハンドが販売している「パワーピンセット 先細」です。

このピンセットは、ストレートタイプとツル首タイプを足して2で割ったような独特な形をしています。ピンセットのグリップ部から先端にかけてゆるいカーブを描くような形状です。

この何とも言えない形状が非常に使いやすいです。ツル首タイプの様に、先端が極端に下にあり使用する時の癖がある、というわけでもなく、ストレートタイプのように、先端が真ん中にあるせいで寝かせてピンセットを使えない、という事もありません。

ツル首タイプとストレートタイプの良いとこ取りをしたようなピンセットですね。ピンセット自体の材質も非常に硬い金属でできているので、先端が曲がって使えなくなるという心配もありません。

先端の掴む面も高精度な平面加工がされているので、”スチールボール”や艦船模型などで使用する”エッチングパーツ”のピンセットで弾きやすいパーツの取り付けも難なくこなす事が出来ます。

ただ、タミヤやハセガワと違って、ゴッドハンドは模型用ツールメーカーとしてはまだ新しい会社なので、模型店でもゴッドハンドの商品を取り扱っているお店はまだ多いとは言えません。確実に手に入れたい場合は、ゴッドハンド公式通販サイトなどで購入しましょう。

実店舗で購入したい場合は、大型の模型店や、全国のボークス、大型家電量販店のヨドバシカメラやジョーシンなどに行けば手に入れられると思います。

スポンサーリンク

アネックス ラバーグリップ付 ステンレスピンセット 極細鋭型

  • 値段 約2000円

アネックスから販売されている、「ステンレスピンセット フッ素加工」です。
※写真の物は先丸型ですが、ここの記事でのオススメは極細鋭型です。

コチラのピンセットで特筆するべき点は、表面にフッ素加工が施されているというところです。フッ素加工がされている事により、ガンプラに付属しているシールや、水転写デカールの粘着性のある”糊”がピンセットに付着しにくいという効果があります。

ピンセットでデカール貼りをした事のある人なら、こういう失敗した経験があると思います。

例えば、デカールをピンセットで摘んで、いざパーツに貼り付けようとした時です。

「ピンセットに糊でくっついてしまい、ピンセットからデカールが離れてくれなくて手こずった」、「ホイルシールを貼り付けようと、シールをピンセットで摘んでも、上手く離れてくれない」などなど・・・

このピンセットを使えば、そんな”糊”の粘着力から起こるミスを少なくしてくれる「フッ素コーティング」が施されているので安心して作業ができます。

普段使いのピンセットではないですが「水転写デカール貼り」「シール貼り」の専用ピンセットとして1本持っておくとかなり役に立つのでオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ピンセットは、ガンプラの素組みでのシール貼りから、スケールモデルのエッチングパーツ、ディティールアップの取り付けなど、幅広い場面で使用する道具です。そして、ニッパーやデザインナイフに続く、模型作りにはかなり重要なアイテムの一つだと思います。

使いにくく、すぐダメになるような安物のピンセットではなく、どうせ使うのであれば、丈夫で小さなパーツもしっかり掴める高級ピンセットを選んでみてはどうでしょうか?

それでは。