プラモデルのメッキパーツの「メッキの剥がし方」を解説!

こんにちは。柚P(@Nitori_cucumber)です。

あなたは「メッキパーツのメッキの剥がし方」をご存知でしょうか。

メッキパーツとは、プラスチックのパーツにアルミなどの金属を蒸着させたものです。塗料では再現できない「金属感」や「光沢感」「高級感」が特徴のパーツですよね。

しかし、プラモデルを塗装して製作する人にとっては、この「メッキ」が邪魔になってしまう場合もあるんです。

というわけでこの記事では、メッキ処理されたパーツの「メッキ落とし」について詳しく解説していこうかと思います。

一番簡単なメッキパーツの「メッキ落とし」の方法とは?

とりあえず、メッキについての詳しい話は後にして、現段階で一番簡単にできる「メッキ落とし」の方法について先に紹介します。

ハセガワが発売している「模型用メッキはがし剤」を使うことです。これがあれば、誰でも簡単にメッキを剥がすことが出来ます。

現在は品薄で手に入りにくいですが、人気商品だったので、今後の商品補充に向けて「再生産」がかかる事が決まっています。

このメッキ剥がし剤にメッキパーツを1~2日漬け込むことにより、「クリアー層」「メッキ層」「クリアーコーティング層」のすべてを1つの工程で落とすことが出来るので非常に便利です。

スポンサーリンク

昔ながらのメッキ剥がしの方法を紹介

で、この記事はここで終わってしまってもいいのですが、せっかくなので「昔ながらのメッキ剥がし」の方法についても紹介していきます。

模型用の「メッキ剥がし剤」とかが、存在しなかった時代からある方法ですね。

わざわざうちのブログで紹介しなくても、他を調べたらもっと詳しく解説してくれているサイトがたくさんあります。

メッキ剥がしの検証で使うプラモデルはこちら。HGの「百式」です。ガンプラですね。

全身のボディが金色で有名なモビルスーツです。プラモデルでも金色を再現するため大量のメッキパーツが使われています。

このメッキを剥がしていくわけですが、その前に「メッキパーツがどのように作られているのか」について少し解説しましょう。

メッキパーツはこのように「3層のコーティング」によってつくられています。

一番上から、「クリアーイエロー層」「メッキ層」「クリアー層」の順に塗装されているという感じです。

この塗装を上から順番に落としていくというのが、今回のメッキ落としの方法となります。

クリアーイエロー層を落とす

もし、メッキパーツがシルバー以外の「色」が付いていた場合、それはメッキ層の上からクリアー塗料で塗装してある場合があります。

このパーツの金色も、シルバーのメッキの上からクリアーイエローで塗装して「金色」に仕上げてあります。

上からクリアーが塗装されているかの確認の仕方は、「ラッカー系薄め液を含ませた綿棒で擦ってみる」という方法で確かめられます。

擦って色が落ちればクリアー塗料で塗装されているというわけです。

このパーツはすべてゴールドなので、メッキを落とす前に「クリアーイエロー層」を除去する必要があります。

ここで使用するのは「ラッカー系薄め液」です。各メーカーが販売している「塗装剥がし剤」でもいいですね、ペイントリムーバーとかです。

ちなみに、私はガイアカラーの薄め液を使いました。(ガイアカラーの薄め液は少し強いので、どちらかというとクレオスの薄め液がオススメ)

適当な容器の中にメッキパーツを入れて、薄め液に漬けます。

一番上のクリアー層は非常に薄い塗膜なので、数分で綺麗に落とせます。

クリアーイエローが落ちたら風通しのいい場所で、パーツを完全に乾燥させましょう。

完全なシルバーになったら、次はメッキを落としていきます。

メッキ層を落とす

メッキ層を剥がすのには「ハイター」を使います。

細かいことは分かりませんが、とりあえず「塩素系の洗剤」を使えばメッキが落とせるみたいです。

ハイターの原液は濃いので、水で2倍~3倍に薄めます。

それからハイターの原液は素手で触らないようにしましょう。強アルカリ性なので皮膚が溶けます。あと指がプール臭くなります。

ハイターを薄めた液にメッキパーツを漬け込みます。

あと、この作業も漂白剤の匂いがキツイので風通しのいいところでしましょう。私は塗装ブースの前で作業しました。

すると

メッキ(アルミ)が溶けます。

小学校の時などの理科の授業で「強アルカリにアルミ板を入れたらどうなるのか?」なんて実験をしたことがないでしょうか。多分それと一緒なんでしょう。

塩素系漂白剤も強アルカリ性なので、アルミのメッキも溶解してしまいます。

こちらも1時間も経たないうちに完全にメッキが落ちました。

最後はハイターを水で綺麗に洗い流しましょう。

そして水が完全に乾くまで再度乾燥させましょう。

クリアー層(光沢出し)を落とす

いよいよ最後の工程です。

メッキパーツの中には、アルミ蒸着メッキの光沢感を増すために「クリアー塗装」がされていることがあります。この写真から「うすい黄色がかった塗料」が塗装されているのが分かりますでしょうか?

最近は金型技術も向上していて、初めから光沢感のあるパーツを作れるので、中にはこの「クリアーコート」がされてないメッキパーツもあるようです。

最後の「クリアー層」も、1層目のクリアーイエローで使用した「ラッカー系薄め液」に漬け込むことで落とすことが出来ます。

しかし、最後に塗装されているクリアー層は、ラッカー系うすめ液では溶け出さないタイプの塗料なので、数時間ほど漬け込んでおく必要があります。

数時間漬け込むと、パーツが脱皮したみたいな薄い膜が出てきます。これが剥がれたクリアー層ですね。

この剥がれ方からして、最後に塗装されていたクリアー層は「ウレタン系の塗料」なんですかね?

最後は、薄い膜を歯ブラシなどを使って綺麗に除去して終わりです。

メッキ落とし作業終了

これで全パーツのメッキが落とし終わりました。で、思ったこと。

この作業すごく面倒くさい!!

すべての工程で『シンナー漬け込み→乾燥→ハイター漬け込み→乾燥→シンナー漬け込み→クリアーの膜除去→乾燥』があります。

この作業をするくらいなら、ハセガワの「メッキ落とし剤」に漬け込んでる間に他の作業を進めておくほうが効率良さそうですしね・・・

というわけで、今回はメッキ落としのやり方についての紹介でした。

それでは。