フィギュア初心者でもできる!ガレージキットの離型剤を徹底的に落とす方法!

こんにちは。柚P(@Nitori_cucumber)です。

この記事ではフィギュアに付着している「離型剤」を落とすことについて詳しく説明していこうかと思います。

お湯で茹でたり、中性洗剤で洗ったり、石油系溶剤で拭き取ったり、専用の離型剤落としに漬け込み洗浄をしたり・・・色んなやり方があります。

やり方の違いによるそれぞれの特徴なんかについても詳しく書ければと思います。

そもそもフィギュア(ガレージキット)に付着している「離型剤」とは

そもそも、どうしてフィギュア(主にガレージキット)には「離型剤」なんて面倒くさい薬品が付いているのでしょうか?

この理由は、フィギュアを複製する工程を知れば理解できると思います。詳しい複製については「シリコン型とレジンを使った本格的な複製をしてみた!「レジンを流してパーツを量産編」」の記事を参考にしてみてください。

シリコン型

フィギュアは基本的に写真のような「シリコーン型」に「レジン」という樹脂を流し込んで作られています。離型剤はこのシリコーン型とレジンを効率的に”離型”させるために塗っておく油のようなものです。

ハイリムーバー

ちなみに、シリコーン型に塗る「離型剤」はこんなやつです。これはフッ素系離型剤「ハイリムーバー94FXⅡ」という商品です。

この中身はフッ素系の油で、ようは塗ったところが「ツルツルのサラサラ」になる感じです。シリコーン型の表面をこいつでコーティングしてやることで、型にはまったレジンのパーツも「つるっん」と簡単に外れてくれるというわけです。

フィギュアの「離型剤」を落とす主な理由は?

これは当然、「塗装を出来るようにするため」です。

先程も説明したとおり、離型剤はシリコーン型にレジンが引っ付かないようにするために塗るものです。なので、当然ながら離型剤がパーツに残っていれば、その上から塗る「塗料」もうまく定着してくれません。

塗料がうまく乗ったとしたとしても、爪や手で触っただけで塗膜が剥げたりなんてことも。せっかく綺麗に塗装してもこれでは台無しです。

フィギュアを綺麗に塗るためには、この「離型剤を落とす」というのはとても重要な工程のひとつなのです。

スポンサーリンク

フィギュアの離型剤を落とす様々な方法

それでは本記事の本題に移りましょう。この「離型剤」を落とすにはどうすればいいのでしょうか。

相手は厄介な”油”、ちょっとやそっとじゃ落ちてくれません。というわけで先人の知恵を含めた色々な「離型剤落とし」の方法を見ていきましょう。

パーツを鍋で煮る

まずはじめは、レジンのパーツを鍋に入れてお湯で20分ほど煮る方法。(当たり前ですが、使用する鍋は料理用とは別のものを使ってください。)

お湯には数十滴ほど中性洗剤を入れておくとより効果的に離型剤の脱脂が出来ます。

この方法は、かなーり昔、もう私が生まれる前からある方法なのではないでしょうか。一番有名なやり方な分、最近ガレキ製作を始めた人でもパーツを茹でる派の人は多いような気がします。

ちなみに「パーツをお湯で茹でる」という方法を、理由も分からず儀式的にやっている人も多いと思うので、今一度「ちゃんとした効果」について考えてみましょう。

お湯でパーツを煮る行為は「油を落とす」という以外でも重要な役割があって

  • 煮ることによって「離型剤」をお湯に溶かして落とす。
  • 長時間の”熱”を加えることでレジンパーツに残った「溶剤分」「可塑剤」を抜き取る
  • パーツの「歪み」や「応力」をとる

まず、『レジンパーツに残った「溶剤分」「可塑剤」を抜き取る』についでですが、購入してすぐのキットにはレジンに含まれる「溶剤分」や「可塑剤」というのが残っています。レジンもできたてホヤホヤの新鮮な状態なんです。

パーツを茹でずにキットの組み立てを行ってしまうと、この「溶剤分」「可塑剤」が時間の経過によって空気中に抜けていき、結果として「パーツが小さくなる」、つまり”ヒケ”てしまう、ということです。

じゃあ「パーツが小さくなったら何が悪いのか」ということになりますよね。パーツが収縮してしまうと、せっかくパテで合わせ目を消した部分が割れてきたり、、、なんてことが起こってしまうのです。

それから「可塑剤」も抜けてくるとなると下地の食い付きに影響が出たり、塗料の変色もあるかもしれません。

MEMO
”PVCフィギュア”の場合は可塑剤の抜けによる変色やベタつきが顕著に現れますが、実際のとこ”無発泡ウレタン樹脂(レジン)”でも同様の問題が発生するのかは詳しくは分かりません・・・

せっかく綺麗に仕上げても、数ヶ月時間が経ったら「なんだか合わせ目も出てきてて、塗装もなんだか汚くなった・・・?」なんてのは悲しすぎます。とりあえずレジンのパーツは茹でましょう。

次に、『パーツの「歪み」や「応力」をとる』についてです。

フィギュアのパーツに使われている樹脂「レジン(無発泡ウレタン樹脂)」の特徴として「熱を加えると柔らかくなる」という性質があります。

パーツの製造過程で歪んでしまって「正規の形状ではないパーツ」、もっと悪く言えば「まともに組み立てられないくらいに歪んだパーツ」を、熱を加えることで”正規の形に矯正”できる、という効果があります。

逆に「まともだったパーツがお湯の熱で柔らかくなり形状がおかしくなった」なんてことも起こるので、そこは注意しながらパーツを茹でましょう。

洗剤で洗って落とす

次に研磨材入りの洗剤「クレンザー」で洗浄する方法です。

レジンのパーツを洗うので、キッチンで洗うのは避けたほうがいいかもしれません。

私はいつも風呂場で洗います。パーツを1つひとつ洗浄するのはとても時間がかかるので、携帯電話などを持って入って好きな音楽なんかを流しながら作業するととても捗ります。

パーツを洗うのに使用する洗剤はクリームタイプのクレンザーです。液状の方が扱いやすいです。

ホームセンターに行けば90円くらいで売ってるでしょう。レモンのやつを選ぶと爽やかな香りの中で作業ができるのでオススメです。

中には、クレンザーの中に「中性洗剤」を混ぜて使うという人もいるみたいです。これは洗剤に含まれている界面活性剤の力で離型剤の油をさらに溶けやすくするために混ぜるのでしょうか?

私は「クレンザーにもある程度の界面活性剤は入ってるし大丈夫でしょ」と適当に思っているので、中性洗剤は混ぜて使ったりはしていません。

粉末系のクレンザー「ニューホーミング」とかの場合は、成分の中では研磨材が9割を占めていて、界面活性剤は5%しか入っていません。そういうのには中性洗剤を混ぜて使ってもいいのかも知れません。

MEMO
※「界面活性剤」は簡単に説明すると油を落とす役割を持つ成分。洗剤とかに入っています。

そして、あえて「研磨材」の入っているクレンザーを選ぶのにも理由があります。

これはあるフィギュアのレジンパーツなんですが、まだ表面処理も何もしてないような部分です。見事に水をはじいています。

ちなみに、これは2回ほどお湯で茹でて脱脂が済んだパーツなので「離型剤が付着していて水をはじいてる」というわけではありませんよ。

これを歯ブラシとクレンザーでゴシゴシ磨きます。大体10往復くらいゴシゴシしました。

あと、言い忘れてましたが「クレンザー」のような弱アルカリ性の洗剤を長時間使うときは、ゴム手袋とかを装着しておいたほうが良いです。手が荒れます。

この写真を撮った時の私はゴム手袋をしていませんが、真似しないように。

クレンザーで洗ったら水でゆすぎます。そしたらどうでしょう、水を弾かなくなり「親水性」になりました。

つまりこれは、「クレンザーの研磨成分によって磨いた表面に細かい傷ができた」というわけです。

クレンザーを使用した洗浄方法は、1つひとつ丁寧に歯ブラシで磨かないといけない大変な作業です。しかし、このひと工程で「洗浄」「離型剤落とし」「パーツの表面処理」の3つがまとめて出来る一石三鳥な技だったのです。

 

それ以外の離型剤を落とす方法

ここからは、私がやったこと無い方法も混ざってます。インターネットで見たりした情報や、知人から教えてもらったりした方法です。

■レジンパーツ専用のクリーナー液

模型メーカーが専用の「離型剤落とし」として販売している、ガイアノーツの「レジンウォッシュ」とファインモールドの「ご機嫌クリーナー」です。

私は「レジンウォッシュ」のみ使ったことがあります。ちゃんと離型剤を落としてくれました。

話は変わりますが、こういう商品のレビューで気になる「ちゃんと使えなかった。」というコメントですが、どこを基準に使えないというのを決めているのでしょうか。

「離型剤がぎっとり付いているパーツで試しても、全然離型剤が落ちなかった。」というものなのか、「専用の離型剤落としに漬け込んで洗浄してから塗装したのに、塗装がすぐに剥がれた。」というものなのか。

前者なら「使えなかった」というレビューをするのは納得ですが、後者の場合は「表面処理に問題があった、塗料に問題があった、作業手順に問題があった」という裏が隠れているかも知れません。

こういう、アイテムは使用するユーザーの技量も試されるものですので、安易に「使えなかった」というレビューを鵜呑みにするのではなく、すこし自分で考えてから購入を検討してみてください。

MEMO
ちなみに、レジンの表面処理をしてない”つるつるの状態”だと、離型剤が全く付いていなくてもマスキングテープ程度の粘着力だけでプライマーサーフェイサーごと塗膜が持っていかれます。塗料はがれをすべて離型剤やプライマーサーフェイサーのせいにするのはやめましょう。

■スクラビングバブル

スクラブングバブル

専用の離型剤落とし以外にも、こんなのを使っている強者もいるみたいです。これはスクラビングバブルの「激泡キッチンクリーナー」です。

こすらないで落ちるという謳い文句もあるように、油を溶かして落とす力がはんぱないです。

ガレージキットの場合は表面処理は必須なので、私はクレンザーで洗うだけで済ませる多いですが、プラモデルの離型剤落としとしてなら、たまに「激泡キッチンクリーナー」を使うことがあります。

この記事「【ガンプラ初心者】全塗装でガンプラを仕上げてみた 工程まとめ」でも使ってます。プラモデルの場合は表面処理をしなくても、脱脂さえしっかりしておけば、ある程度の塗料は定着してくれるので。

■入れ歯用洗浄剤

他にも「入れ歯用の洗浄剤」を使用してレジンの離型剤落としをする強者も見たことがあります。私も気になってますが、まだ挑戦したこと無いので詳しくコメントはできません・・・

でも、洗浄剤から発泡する泡の力で、細かい隙間に入っている離型剤も効率的に落ちそうなイメージはありますよね。実際のところ、ちゃんと落ちるのでしょうか。

■ブレーキクリーナー

最後にこれ、「ブレーキクリーナー」です。車とか自転車とかバイク弄りが好きな人のいる家庭なら1本2本は置いてあるのではないでしょうか。

使い方としては、離型剤を落としたいパーツに直接スプレーするイメージです。それ以外でも、ブレーキクリーナーの中身を取り出して、クリーナー液にパーツを漬け込むというのも案外効果的かもしれません。

使用するものは、ホームセンターで売られている1本200円くらいのブレーキクリーナーでもいいのですが、安物だと「揮発性が高い」ものだったり「洗浄力がイマイチ」というものがほとんどです。

なので、その中でも高級な部類の「呉工業のブレーキクリーン」は、洗浄能力がとても高く、揮発性もそこまで高くない(パーツ表面にクリーナー液が残ってくれるので作業性が良い)のでオススメです。

高級と言っても840mlの徳用サイズで400円程度です。

ガレージキットは、ひとつのキットが5000円~数万円というとても高価なものです。離型剤を落とすために使用するブレーキクリーナーくらい良いものを選んでみてはどうでしょうか。

離型剤を落としで余っても、車や自転車、バイクの洗浄にも使えるので最高です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んだ人の中には「離型剤を落とすのは難しそう」なんてイメージを持っていた方もいるのではないでしょうか。

「離型剤を落とす作業」なんて、安く済ませようと思えばクレンザー一本買ってくれば数百円で出来るし、楽で簡単に終わらせたいという人は専用のクリーナーを買って漬け込むだけってのでもいいんです。

つまり言ってしまえば「油さえちゃんと落ちればやり方なんでなんでも良い」というわけです!!(笑)

今回紹介した記事では色々なやり方がありましたが、とりあえず自分が「これならできそう」というのを選んで実践してみるのはどうでしょうか。

それでは。