ガンプラについているブランドを徹底解説!!「HG」「MG」「RG」「PG」などの違いとは?

あなたはガンプラの箱に書いてある、「HG」「MG」「PG」…という表記の意味をご存知でしょうか?

昔からガンプラに親しんでいる方は自然と理解していると思いますが、今からガンプラを始める方は知らないかもしれません。今回はそういった方に向けて、ガンプラについている「グレード」についで少し書いてみたいと思います。

”グレード”というのは、いわばガンプラの「ブランド」のようなもので、パーツ数や完成度によってこのグレードが変わってきます。これはバンダイが独自で設定しているもので、種類もいくつかあります。

最近ガンプラを始めた方は何が何だかわからないと思うので、1つずつ解説していきましょう。

「グレード」は全部で何種類あるのか

現在発売されているガンプラの中で、一般的に広く知られているグレードです。

  • HG(ハイグレート)【1/144】
  • RG(リアルグレード)【1/144】
  • MG(マスターグレード)【1/100】
  • PG(パーフェクトグレード)【1/60】

しかし実際には、もっと多くのグレードが存在していて、発売中止したプラモデルも含めると、その数は何十種類にもなります。

一般的に広く知られているグレードは先ほど紹介した4種類でしたが、そのほか、マイナーなものも含めると全部で何種類あるのでしょう

  • FG(ファーストグレード)【1/144】
  • メガサイズモデル【1/48】
  • RE(リボーンワンハンドレット)【1/100】
  • フィギュアライズバスト【1/7くらい?】
  • EXモデル

プラモデルを始めたばかりの方は現在販売されているメインの9種類のブランドと、その違いさえ覚えておけばプラモデル選びに役立てられると思います。

各グレードはどういった違いがあるのか

基本的には「スケール(縮尺)の違い」や「プラモデルになっている作品」「パーツ数による難易度の違い」などで分けられています。

  • 「HG」は1/144スケールをメインに、「組み立やすい」「コレクション性」を売りにしたブランドです。
  • 「MG」では1/100スケールで、「内部フレーム再現」「HGよりワンランク上の完成度」という高級ガンプラというところを売りにしています。

このように、グレードというのは一種のブランドみたいなものです。HG→MG→PGとグレードが上がっていくにつれてパーツ数も多くなり、プラモデルの精密さが上がってきます。

パーツ数が多くなり組み立てが複雑になってくるので、結果として「グレードが高くなるほど、サイズが大きくなり難易度が高くなる」という表現で説明されていることが多いです。

グレードごとの特徴

HG(ハイグレート)

値段相場:700円~2000円程度

ハイグレード『HG』は、「塗装をしなくても完成する」をテーマにしているモデルで、各グレードの中でも標準のモデルとなっています。そのため、HGUC(ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー)やHG Ver.G30thのような派生モデルも存在しています。

HGモデルは、パーツが少なく値段も安いです。そのため精密さが劣りますが、とても作りやすくガンプラ初心者をはじめとする、全てのモデラーに人気の高いグレードです。販売されているモビルスーツのバリエーションが非常に多いのも特徴です。

スケールは1/144が大半ですが、中には、デンドロビウムやネオジオングといった大型のハイグレード(HG)キットもあったりします。

RG(リアルグレード)

値段相場:2000円~3000円

リアルグレード『RG』は、名前から分かるように「手のひらサイズで本物のようなリアルモデルを」をテーマにしているモデルです。リアルを追求したモデルなだけあって、関節の自由度や細かいパーツが細かく再現されています。

また、RGでは細かいマーキングシールが付属されていて、改造や塗装をせずに付属品だけで組み立てた時の完成度は高く、ハイグレードと比べ物になりません。

内部フレームも特殊な技術で作られた「アドバンスドMSジョイント」が使われており、難しい組立作業をしなくてもフレームが完成する、というところもRGの特徴の一つです。

外装パーツも非常に細かく色分けがされており、組み立てるだけで「ほぼ完璧な設定の色」になります。ただ、パーツも非常に小さい物が多いので組み立ての難易度はかなり高いです。

MG(マスターグレード)

値段相場:2000円~8000円

マスターグレード『MG』は、ガンプラ15周年記念企画として発売開始したモデルで、「高級品のガンプラ」をテーマにしています。

高級品というだけのことはあって、パーツごとの色分けや関節の自由度はもちろんのこと、HGやRGに比べ、さらに細かい部分を再現するために色んなパーツが沢山入っています。

マスターグレードも、組み立て難易度は少し高いです。殆どのキットは、「内部フレームを組み立て→外装パーツの取り付け」という作りになっています。

完成した後はそれ相応の達成感や「大きいスケールの見栄えの良さ」もあるのでMGを好んで作るモデラーも多いですね。

PG(パーフェクトグレード)

値段相場10000円~40000円

パーフェクトグレード『PG』は、ガンプラ20周年記念として発売開始したモデルで、「究極のガンプラ」をテーマにしています。言わずもがな、これ以上ないぐらいに完成度を追求したガンプラで、可動域、再現度、値段…すべてにおいて最高クラスです。

ガンプラの内部にまで忠実に再現されていて、パーツの数は他のグレードと比べてとてつもない量が入っています。

基本的にどのモデルでも、頭部のカメラアイのパーツがLEDで発光出来るような構造が仕込まれています。

さらに、PGの「ユニコーンガンダム」や「ガンダムエクシ」では全身のフレームをLEDで点灯させられる「ライトユニット」がついているキットもあります。まさにガンプラの頂点ですね。

FG(ファーストグレード)

相場価格:300円~

ファーストグレード『FG』は、低価格キットが不足気味になっていた問題を解決するために、1980年代頃に発売された「ベストメカコレクション」という当時定価300円で売られていたガンプラをリニューアルして発売したモデルです。

初代ガンダム、シャア専用ザクII、量産型ザクIIと、その他「ガンダム00」や「ガンダムSEED」に登場するモビルスーツなどが発売されています。

他のシリーズと比べると可動域や再現度は高くはないです。大きさはどれも1/144スケールで、価格は当時と同じ300円と超格安。

その代わりに、パーツの色分けは最低限にしかされて無く、自分で塗装をしないとなんだか残念な仕上がりになります。ですが逆に、「塗装の練習用」としてはかなりいい練習台になってくれます。

技量アップの練習として作ってみるのもいいかもしれません。

メガサイズモデル

相場価格:7000円~

『メガサイズモデル』は、ガンプラ誕生30周年記念として発売したモデルで、メガと名乗るだけのことはあって、ガンプラの中でも最大級の大きさを誇ります。

サイズは大きいですが、パーツの数はハイグレード並で、完成度の高いガンプラを組み立てるというよりも、スピーディーに大きなサイズのガンプラをストレス無く組み立てることができるシリーズと言ったところでしょう。

メガサイズモデルには、他のシリーズにはない2つの機能が搭載されています。一つがランナーにパーツがくっついた状態で貼り合わせることができる「ランナーロック方式」、二つ目が「クリック式ポリキャップ」と呼ばれる関節を決めたポージングでしっかり保持してくれる関節保持機能が搭載されています。

このガンプラを塗装するのは少し大変ですが、普通に組み立て動かして遊ぶのにはもってこいだと思います。
小さいパーツの組み立てが苦手な方でも、簡単に組み立てることが出来るので、初心者にもオススメです!

あとは、メガサイズのガンプラを購入するにあたって一つ注意するべき所があります。全長が375mmもあるので組み立たあとに保管・展示しておける場所を確保しておくというところです。あまりにも大きいので組み立た後に置き場がなくて後悔しないようにしましょう。

リボーンワンハンドレット(RE/100)

相場価格:3000円~

『リボーンワンハンドレット(RE/100)』は、1/100スケールがマスターグレードばかりになってしまったのを解決するために発売されたモデルです。

マスターグレードとは違い、外装のディティールは高い完成度のままで、内部のフレームなどを簡略化することで組み立てやすくなっているモデルです。いうなれば、1/100スケールのハイグレード(HG)というイメージでしょうか。

また、このシリーズは比較的マイナーな機体(モビルスーツ)のラインナップがほとんどなのでガンダム好きにかなり人気だったりします。

ナイチンゲール、ガンダム試作四号機、ディジェ、ハンマハンマ、などこのシリーズでしかキット化されていないようなモビルスーツもあったりします。

フィギュアライズバスト

相場価格:1500円~

『フィギュアライズバスト』は、モビルスーツのような機体ではなく、作品の中で登場するキャラクターのフィギュアをプラモデルとして組み立てるという新しいモデルです。

フィギュアのようなプラモデルですが、造形や塗装などはしなくても、組み立てだけでキャラクターをリアルに再現することができます。

瞳の部分もシールや塗装での再現ではなく「レイヤードインジェクション」という特殊な技術が使われていて、プラスチックの成型色だけで再現されていたりもします。

このシリーズは、ガンダムシリーズ以外とアニメ作品にでてくるキャラクターもキット化されていますね。ラブライブやマクロス、初音ミクと幅広く発売されているので今後のキット展開も楽しみです。

EXモデル

相場価格:3000円~

『EXモデル』は、主にガンダムシリーズの作品の中にでてくる、脇役であまりプラモデル化されることはない戦車・戦闘機や艦艇などをプラモデル化したものです。

ガンプラシリーズがホントに好きなモデラーさんにとっては、たまらなくマニアックなニーズに答えてくれるマニアにとっては最高のプラモデルです。

ガンプラでジオラマなどを作る時にこのモデルを使うことによって、より作品のシーンを忠実に再現することができるようになったりします。

ちなみに、このシリーズは少数生産なので、開発費を回収するために値段を結構高めに設定してあります。

ビルダーズパーツ・HD

相場価格:500円~

『ビルダーズパーツ』は、武器や羽、アンテナなどの既存のガンプラに取り付けることができる半完成品のオプションパーツをラインナップしているモデルで、主にガンプラ改造の入門モデルというべきシリーズ。

このビルダーズパーツだけで何かの作品が完成する、という訳ではないので、他の1/144のガンプラや1/100のガンプラと一緒に楽しみましょう。

スピードグレードコレクション

相場価格:1000円~

『スピードグレードコレクション』は、「より手軽にユーザーの手で組み立てて完成させられる」がテーマのモデルです。

単色成形ですがランナー状態で塗装・マーキング済みで、何も考えずにサクッと組み立てれば、ある程度のクオリティのガンプラがほんとに手軽に完成させれれます。

一部コンビニでの販売もあるため、プラモデルを知ってもらうキッカケになったり、小さな子供なんかにプラモデルの楽しさを知ってもらうという意味で、こういった手軽に組み立てれるプラモデルを手にしてもらいたいなと思います。

といっても、最近はめっきり見なくなりましたね(汗)かなりレアアイテムになりつつあるので見かけたら買ってみるのもいいかもしれません。

イベント限定モデルや作品限定モデルなど

ここでは、イベント限定や作品限定などで作られているシリーズは省略させてもらいました。上で紹介したシリーズの他にも「U.C.ハードグラフ」「エコプラ」「AG(アドバンスドグレード)」等まだまだ種類は沢山あるので、気になる方は調べてみてください。

結局どれがオススメなの?

各シリーズの特徴と違いが分かったけど、沢山ありすぎて結局どれを買えばいいのかわからない。そんな人のために、最後に独断と偏見でいくつかのテーマに絞り、テーマにあったオススメのグレードシリーズをご紹介しようかなと思います。

  • コストパフォーマンス重視で選ぶのであれば:ファーストグレード(FG)
  • 大きなサイズのガンプラを作りたいけど難易度が高いものが嫌であれば:ハイグレード(HG)
  • 説明書どおりに組み立てて完成度の高いガンプラが作りたいのであれば:マスターグレード(MG)
  • とにかく完成度を追求したいのであれば:パーフェクトグレード(PG)
  • ガンプラを改造するのが目的なのであれば:ハイグレード(HG)

いくつかテーマに絞ってオススメしてみましたが、実際は、モデラーの技量や求めるニーズによってオススメのガンプラは細かく変わってくるのですが、そんなに大きな違いはありませんし、最終的には自分が作りたいシリーズのガンプラを選んだほうが楽しく作れるのではないかなと思います。

この記事があなたのお役に立てば嬉しいです。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします。