【カメラ知識】ガンプラを撮影をする上で知っておくと得をする「カメラの基礎知識」について知ろう。

最近はスマートフォンの普及によっり昔よりカメラに触る機会が増え、ブログやHPを始め、TwitterやInstagramといったSNSでも自分の撮った写真を公開している人も多くなりましたよね。

そんな中、静かに注目されていってるのが、スマホより綺麗な写真が取れる「デジタルカメラ」です。

手軽な価格のコンパクトデジカメから、本格的なデジタル一眼レフまで、種類は様々です。

 

そんな、手軽に綺麗な写真の撮れるデジカメですが、意外と「カメラの設定を自分で調整して撮影することができる人」って結構少ないんですよね。

 

 

ほとんどの方は、シャッター速度、絞り、WB、ISO、等の調整を全自動でしてくれる「プログラムオート」の機能を使っているでしょう。

なんの設定もせずに綺麗な写真が撮れるのでプログラムオートを使うのが悪いという訳ではありません。

 

分からない設定を適当に変更して汚い写真を撮るよりオート機能を使ったほうが良い。という考えもあるかもしれません。

ですが、どうせなら被写体に合った適切な設定で綺麗な写真を撮りたいですよね。

今までカメラの知識について勉強したことが無いという方には、少し難しい話になるとは思いますが、カメラの知識なんて慣れてくれば自然と身についてくるものです。

 

カメラの設定について隅から隅まで全部説明を始めてしまうとキリがないので、今回は「模型撮影をするにあたって抑えておくポイント」をまとめてみました。

 

絞り(F値)、ISO感度、ホワイトバランス、セルフタイマー

紹介していく設定についてですが、絞り(F値)、ISO感度、ホワイトバランス、セルフタイマー、について順に解説していきます。

スマートフォンのカメラでマニュアルモード(M)にすれば、「ISO感度」「ホワイトバランス」「セルフタイマー」くらいは調整できると思います。

ただし、スマホのカメラでは「絞り(F値)」のみが”固定”のものが殆どなのでここだけ調整が出来ません。

 

一部のコンパクトデジカメでも「絞り(F値)」が固定で調整できないものがあるようです。

自分のカメラがどこまでの設定が出来るのかが分からない方は、付属の取扱説明書を読んで確認してみてください。

 

 

カメラの「絞り(F値)」について

背景をぼかしたりさせたいときによく操作されるのが「絞り(F値)」です。

 

まず「絞り(F値)」の設定をするためには、カメラの「絞り優先モード」を選択してみてください。

一眼レフやコンデジの設定では「A」や「Av」という表記で書かれていることが多いです。

 

他にも、絞りを調整できるモードで「マニュアルモード(M)」というのもありますが、コチラはSSも自分で設定が必要になり、かなり上級者向けになるので始めは「絞り優先モード」を使うのがオススメです。

 

絞り優先モードを使うと、「F値(絞り)」を自分で設定できるようになります。

それ以外の設定(シャッター速度など)はカメラが自動で設定してくれるので気にしなくていいです。

 

絞りを調整して撮影してみる

この設定にできたら、絞り(F値)の調整が出来るようになっていると思います。

F3.5とかF5.6とかの数値を変更できるようになっていると思います。

F値を変化させることによって「ピントがあっている距離」が変わります。

実際の写真を比べるとわかりやすいですね。

というわけで、F値を低くして「F3.0」で撮影した写真と、F値を上げて「F20」で撮影した写真を並べてみました。

※どちらの写真も手前のフィギュアにピントを合わせています。

2枚の写真から分かるように、F値が低いと「周りがボケて、ピントを合わせた部分だけくっきり写る」、F値が高いと「ピントを合わせた部分から離れているところもくっきり写る」という事がわかります。

このピントの合っている距離のことを「被写界深度」と言います。

 

  • F値が低い=ピントが合っている距離が浅い=被写界深度が浅い
  • F値が高い=ピントが合っている距離が深い=被写界深度が深い

 

というわけです。

それから、絞りを調整するにあたってもう一つ忘れてはいけないのが、F値を変更することによってシャッター速度にも影響が出てくるという所です。

絞り優先モードでF値を調整したらわかると思いますが、F3.0からF20にしていくにつれて「シャッター速度が遅くなっていく」とおもいます

これは絞りを調整することにより、レンズ内の光が通る穴が変化する事で起きる現象です。

 

  • F値が低い→レンズの絞りが開いて光の入る量が多くなり、シャッター速度は早くできる。
  • F値が高い→レンズの絞りが小さくなり光が入る量が少なくなり、シャッター速度は遅くなる。

 

という具合です。

 

他にも、絞り(F値)を上げすぎると、ピントが合う深さは広くなるが、「回折現象」という画像自体の劣化が起こったりもします。

このへんの理屈を詳しく知りたい方は、図解と共に解説しているもっと分かりやすいブログやカメラメーカーのHPなんかを参考にしてみてください。

 

ISO感度

「アイエスオー」、「イソ」、なんて呼ばれ方をしている「ISO感度」についてです。

一眼レフ、コンデジ、スマホカメラと大抵のカメラなら設定で弄れます。

 

このISO感度を変えると何が違ってくるかといいますと、カメラのセンサーが光を受ける時の「感度」です。

ISO感度には数値があり、ISO 100 ~ ISO 12800 という幅広い設定できます。

カメラによってISO感度の設定できる幅は異なります。私のカメラではISO100からISO25600まで調整が可能です。

 

  • ISO値が低い「ISO 100」にするとセンサーの感度は低くなります。なので光に鈍感になりシャッター速度が遅くなります。
  • ISO値が高い「ISO 12800」にするとセンサーの感度が高くなります。なので暗い部屋や夜景といった少ない光でも敏感に捉えられるようになり、シャッター速度も早くすることが出来ます。

 

これだけの説明なら「じゃあISO感度は高ければ高いほど良いじゃん。」という事になります。

ですが、そんなうまい話はありません。

 

ここで注意しないといけないのが、ISO感度を上げるにつれて、写真に「ノイズ」が発生してきます。

 

ノイズが発生する量はカメラ本体の性能に左右されます。

安物のカメラならISO感度を低くしてもノイズが乗ったり、逆に高級カメラならISO値を上げてもノイズが出にくいとかあります。

 

つまり、ノイズが一番少ない綺麗な写真を撮るためには、「ISO感度はできるだけ最低に設定する」ということが重要になってきます。

 

ただし先程も説明した通り、ISO感度を下げてしまうと、シャッター速度が遅くなるので「手ブレが起きやすくなる」という問題が出てきます。

プラモデルなどの動かない物を撮るだけなら、「三脚」があれば手ブレを防ぐことができますね。

 

WB(ホワイトバランス)

カメラで撮影する物体の色は、照らされている光の色に影響されます。

電球色だと、撮影する物体は「黄色い光」の影響を受け、蛍光灯だと「青白い光」の影響を受けます。

ホワイトバランスをちゃんと設定していないと「撮影する物体の本当の色」が出てくれないのでしっかり調整しましょう。

 

 

殆どのカメラで「電球色」「太陽光」「曇り」「蛍光灯」と具体的な名前でホワイトバランスの調整が出来るようになっています。

 

細かい設定が出来るカメラなら、「色温度」や「プリセットマニュアル」で調整できるものもありますね。

身近な物を使ったホワイトバランス調整のコツについてですが、まず真っ白なコピー用紙を用意して、その白い紙がちゃんと白色に発色するように調整してみましょう。

 

 

セルフタイマー

最後に、セルフタイマーについてです。

「三脚を使用して撮影する」という手ブレが出ないようにしていても、「シャッターを押す時のカメラ微妙なブレ」が発生してしまう場合があります。

 

そういうちょっとした撮影のミスを極限まで少なくするために「セルフタイマー」を使用してみましょう

ほとんどのカメラのセルフタイマーは10秒になっていると思います。カメラによっては、この秒数を5秒、2秒、とカスタム出来たりするものもあります。

 

あくまでもシャッターを押す時の振動を無くすためなので、「シャッターを押してからカメラから手を離すまでの間」だけのセルフタイマーで十分です。

私はいつもセルフタイマーは”2秒”に設定して撮影をしています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カメラの設定には他にも調整できる箇所が沢山あるので、始めから「全部の機能を使いこなせるようになる」というのは中々難しいかと思います。

スマホではなくちゃんとしたデジタルカメラを使えるようになりたい、今後一眼レフを購入して綺麗な写真を撮ってみたい、という方の勉強・予習としてでもいいので、今回紹介した設定の調整にチャレンジしてみてください。

 

この記事が脱プログラムオートへの初めの一歩となる手助けになれば幸いです。

それでは。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします。